9月13日に行われた大相撲秋場所6日目の豪栄道-朝乃山の取り組みで、行司の木村玉治郎が土俵から転落して消えてしまうシーンがあり話題になっています。

tamaji_5
画像は後述の動画より。

NHKの大相撲公式サイトで動画が閲覧できる。

この取組では、豪栄道が張って攻める展開に。その後、朝乃山が反撃に転じたのだが、その時行司は画面右から左へと移動。
しかし土俵(俵)上で躓いてしまったようで、体勢を崩して転落

実況していた佐藤洋之アナは「豪栄道が左の前回しを引いている!・・・・あッ、行司が消えた!」と発言した。

取り組みは、朝乃山が上手投げで勝利。

佐藤アナは「朝乃山が勝ったんですが、玉治郎が土俵の外に吹き飛ばされてしまいました」と述べた。

玉治郎は顔から流血してしまったようだ。なお玉治郎が消えたあと、土俵の近くにいた式守伊之助が代わりに取り組みを見守っているように見える。

参考動画



なお佐藤アナは玉治郎を心配していたようで「あ、大丈夫ですかね。ちょっと出血してますかね」と発言していた。

北の富士勝昭さんは行司の連携プレーに言及し「伊之助さんも、もっと早く立ち上がらなきゃ。(玉治郎は)大丈夫かね。だいぶ出血してますよね」「行司さんも大変だね。フットワーク軽くしておかないと。力士の動きについていかれないよね」などと述べていた。


ネットでは、転落してしまった玉治郎に心配の声があがっている。
ネットの声を聞いてみましょう。





























大丈夫なのだろうか・・・・・