兵庫県神戸市須磨区にある神戸市立東須磨小学校で、教師4人が別の教師1人をいじめるという集団イジメ事件が発生し物議を醸しています。

児童たちを指導するべき先生が、別の先生をイジメているとは・・・・・・

suma_31


この小学校の卒業生には、フィギュアスケートの三原舞依さん(20)や元バレーボール選手の高橋潤子(33)らがいる。

前身となった神撫(かんなで)小学校は明治13年設立。昭和22年から現在の校名となっている。

小学校の所在地は以下の地図(グーグルマップ)参照。
suma_32


小学校のホームページには、皮肉にも「神戸市立東須磨小学校いじめ防止等のための基本的な方針」という文書が掲載されており、以下のような文言がある。

・保護者・地域と連携しながらいじめの問題の根本的な解決に向けて取り組み

・神戸市いじめ指導三原則「するを許さず されるを責めず 第三者なし」を核とした指導

・(教師の姿勢として)いじめの兆候を見逃さないようにアンテナを鋭敏にし、教職員相互が積極的に児童の情報を交換して情報の共有に努めます

・「いじめは決して許さない」という姿勢を様々な場面で児童に伝えます。


以下の画像は同方針の一部より
suma_33



神戸新聞の報道によれば、加害者は30代から40代の教員で、男が3人、女が1人の計4人。

被害者は20代の男性教員で、精神的な問題をきたして休職しているとのこと。

そしてイジメの内容とは

・LINEで第三者(別の女性教員)にわいせつな文章を送らせる

・コピー用紙の芯で尻を叩く(腫れる被害)

・「ボケ」「カス」と罵倒

・被害者の車の上に乗る、車内に飲み物をぶちまける

・羽交い締めにされて激辛カレーを食べさせる、目にこすりつける


などとのことだ。

なお加害者4人もお休みしているという。ちなみに、神戸市立東須磨小学校は教育委員会に「人間関係のトラブル」と報告したとか・・・・

内容をみれば、これはトラブルやイジメというより刑事事件だが・・・・・


報道では、実名は公表されていない。が、昨今のネット上の動きを見ると、このような事件があれば実名の「特定」作業が行われる。そのなかで全くの別人が「犯人」と名指しされるトラブルも頻発している。あらぬトラブルを避けるためにも、最初から実名を報道したほうが・・・・・


ネットでは、


「教師失格だろこの4人は。教員免許剥奪して欲しい」

「加害教員の名前を出して欲しい。しれっと復帰して、いつか異動してわが子の担任とかになったら嫌やし」

「これは早く犯人の実名報道すべき 人違いで別の教師が襲われたり、児童が襲われたりしたら大変だ」


などという声があがっています。ネットの声を聞いてみましょう。

































実名は公表されるだろうか・・・・