10月8日に放送された日本テレビの番組「ザ!世界仰天ニュース」では、様々な食中毒の事例についてとりあげられたのですが、その中で秋田県(横手市)名物の「横手焼きそば」食中毒の原因となったかのような放送がされたとして物議を醸しています。

※ただしコーナーの最後には「決して横手やきそばが悪いわけではない」とのナレーションも入った。詳しくは後述する。

yokote_83

横手焼きそばは、卵の黄身がトロトロ状態の目玉焼きが上に乗っかっているのが特徴である。この黄身を崩して絡めて食べる。「B級グルメ」として有名だ。

番組ではまず、問題となった食中毒事故について

「キャンプ中に食中毒 原因は超有名B級グルメ」

「超有名Bグルメで食中毒 地獄を見た」


などとテロップやナレーションで煽りが行われた。この時点では「横手焼きそば」の名前は出ておらず、視聴者に「食中毒の原因のB級グルメはなんだろう?」と推理させるつくりだった。


食中毒の経緯は以下である。

・ある家族(岩田さん一家)4人(父親、母親、幼い娘と息子)が東北を12日間、キャンピングカーで旅行。各地で海鮮丼や刺し身などを食べながら旅行した

・旅行の終盤、あるお店で秋田名物「横手焼きそば」を食べた。その後秋田県内のオートキャンプ場で宿泊

・するとその夜に、まず父親が強烈な腹痛と下痢、吐き気と嘔吐に襲われた。父親は救急車で病院に搬送され、39度の高熱と脱水症状があり入院を勧められた。だが治療で容態が回復すると、家族のいるキャンプ場に戻った

・しかしその後、母親と娘も同じような症状に襲われ、今度は家族全員が救急車で病院へ

・4人の家族のうち、息子だけは症状が出なかった。


・症状が出た3人からは「サルモネラ菌」が検出された。思い出してみると、息子は卵が苦手だったため「横手焼きそば」の卵の部分を食べなかった

・前述の通り、横手焼きそばは卵の黄身がトロトロなのが特徴。このような加熱状態だと、サルモネラ菌は生き残る


・これらの状況から、食中毒事故の原因は「横手焼きそば」の卵だと推測された(番組上は、横手焼きそばが原因だと特定されたような表現だった)


・卵からサルモネラ菌が検出されるのは数万個に1個だという。ただし、お店の卵の管理状態が悪い場合(割れた状態で保管したり、濡れた状態で保管したりすると)他の食材などから菌が入り込む危険性もあるということだ


この食中毒事故は9年前の話だというが、岩田さん一家は口々に「その時食べた焼きそばの写真を今見ても気持ち悪くなる」「お店で焼きそばは食べない」と言う。


最後にナレーションとテロップで「決して横手焼きそばが悪いわけじゃない」「卵の扱いには気をつけましょう」と説明された。

だが冒頭に書いたとおり「キャンプ中に食中毒 原因は超有名B級グルメ」という煽り文句があった。そのため秋田県民とみられるツイッターアカウントをを中心に「横手焼きそばが悪者になっている」「風評被害だ」「横手焼きそばのイメージを貶めている」などという批判がネット上で相次ぐ結果となった。


なお上記のように「横手焼きそばを出した店の、卵の管理状態が悪かった」というのは、9年前当時の状況からの推測にすぎない。別の原因(キャンプ場での飲食など)の可能性もあると思われるが・・・・・


ネットの声を聞いてみましょう。































イメージ大事だからな・・・・・