2016年の大河ドラマ「真田丸」(塙団右衛門役)でブレイクし、最近はバラエティ番組などにも出演する俳優の小手伸也さん(45)の不倫を、週刊文春が報道しています。

SNSでつながったファンと、「独身」を装い不倫したとか・・・・・。ネットでは彼の「不倫の言い訳」も物議を醸している。

simoki_86
画像は所属事務所PSC公式サイトより

小手伸也さんは神奈川県出身。早大卒。長らく舞台で活動していた。

2016年の「真田丸」に出演しブレイク。その後「仮面ライダーエグゼイド」「コンフィデンスマンJP」「SUITS/スーツ」「なつぞら」など多数のドラマ作品に出演。

40歳を超えた中年になってからブレイクしたことから「シンデレラおじさん」と自称。最近までコールセンターでアルバイトをしていたなど、ユニークな経歴でバラエティ番組にも出演していた。


週刊文春の報道によると、小手伸也さんは2011年に結婚、子供ももうけている。

不倫をしたのは「真田丸」の放送翌年、2017年のこと。


文春の報道によれば

SNSで知り合ったファンに独身であると偽り、男女関係を持っていた

小手は2017年1月、ツイッターを通じ遠藤さん(仮名)を食事に誘い、「彼女も奥さんもいない」と語った上で、複数回にわたりホテルで関係を持った。翌年5月、小手は、「そばに大切な人が出来ました」などと遠藤さんにメッセージを送り、一方的に別れを告げた

(小手伸也さんは取材に対して)「自分は交際をしていたという認識はなく、あくまで(ファン)交流の一環です。(ホテルで会ったことは)完全に僕の認識の甘さ。下北的なノリを捨て切れなかった。彼女のプライドを傷つけてしまい、彼女に申し訳ないことをしました」

とのこと。


ネットで注目されているのは、不倫の言い訳として「下北的なノリ」という言葉を使ったこと。「下北」とは東京都世田谷区の「下北沢」のことである。

simoki_87


下北沢の特徴とは。

「若者の街」「ファッションの街」と紹介されることが多い。これに加えて、小劇場やライブハウスも集まっている

新しい店舗の多くは最近のメディアなどで集まる客を相手にする一方で、昔ながらの店舗も残り、新旧が混在している街である

国士舘大学世田谷・梅ヶ丘キャンパス、明治大学和泉キャンパス、東京大学駒場キャンパスなどが近いため、学生の訪問も多い(Wikipediaより)


小さな劇場やライブハウスが集まっているイメージがある。そこで頑張っている劇団員や役者らの間で「下北的なノリ」があるのだろうか・・・・?


ネットではこの不倫に批判の声があがるとともに、「下北的なノリ」という言い訳についても


「個人がやったことを、そんな表現で語ったら、あの界隈は皆そう…みたいに思う人が出てきちゃうじゃん」

「小劇場の劇団員みんなこんな感覚なのかって思われちゃわない?」

「下北方面に敵を作る発言」

「下北沢の住民と商店会に謝れ」


などという声があがっています。ネットの声を聞いてみましょう。



































下北沢の人はどう思うのだろうか・・・・・