11月4日に放送されたテレビ朝日の番組「徹子の部屋」に、子役の寺田心くん(11)が出演。

黒柳徹子さん(86)から「好きな女の子のタイプ」を聞かれる場面があり、その回答をきっかけに、飼っている犬の話、動物の殺処分の話、さらには地球温暖化の話にまで発展し話題になっています。

kooro_211


寺田心くんは、その子供とは思えない発言・態度もあり、数年前から「あざとい」「ウザい」「嫌い」などとバッシングを受け続けてきた。加藤浩次さんには「心の中に悪魔が潜んでいるね」とまで言われたことがある。

番組では、黒柳徹子さんと寺田心くんの以下のトークがあった。

徹子「学校でもどこでもいいんですけど、好きなタイプの女の子っています?」
寺田「あら」
徹子「笑。あら?あら?って言ったの今?」
寺田「うーん、でも家族を大事にしてくれる方だったら、嬉しいなって」
スタッフ(笑)
徹子「偉い!ほんと?」
寺田「はい、すごくやっぱり、優しくて、家族を大事にしてくれたり、(飼っている)犬のことが大好きだったりしたら、いいなあって。気が合うから」
徹子「なるほどね、そういう子だったらいい?」
寺田「はい」


まず11歳の子から「家族を大事にしてくれる人」というほとんど結婚条件のような発言が出たことに驚く。普通だったら「明るい」とか「可愛い」「勉強ができる」、もう少し年上なら「脚が綺麗」「くびれがある」とかだろうが、それを飛び越して「家族を大事にしてくれる人とは」・・・・


この話の中の犬の件から、寺田心くんが飼っている犬の微笑ましい話になったのだが、そこでさらに話は変わって・・・・・

寺田「ちょっとすごく話は変っちゃうんですけど、ワンちゃんっていうか、犬たちって、殺処分、教科書とか本とかで読んだんですけど、殺処分があるって聞いて、僕、犬を飼ってるから、何で捨てちゃったりするんだろうなって思ってて、徹子さんのユニセフっていう活動されてるじゃないですか。ユニセフやってらっしゃって、僕は助けたいなって思うんです。犬たちを、殺処分の子たちを。でもやっぱり口で言ってるだけで、何もまだ行動ができていないけど、徹子さん、やっぱり誰かを助けてあげたりしててらっしゃるから、そういう活動するにはどうしたらいいんでしょうか?」

徹子「そうね、私は一応ユニセフ、国連児童基金っていうところから任命を受けて、ユニセフの親善大使になって、世界の本当に困っている子供たちのところへ行って、その状況をテレビとかでみなさんにお伝えするっていうのが仕事なの。うん、だから自分からそういう仕事を探したわけじゃないのね。でもあなたみたいな、いろんな方やってますよ、動物愛護の人たちね。滝川クリステルさんって知らない?

寺田「あ、あの、存じて、知ってます」

徹子「彼女もやってるわよ。今度、あの探すのあるでしょ」

寺田「インターネットで

徹子「インターネットで。探すとやってると思うから」

寺田「あの、ドイツって殺処分がゼロなんです」

徹子「そうなんですってね」

寺田「それで、どうやってるんだろうって。殺処分ゼロってすごいじゃないですか。でもそれだけ犬たちや動物のことを大事にしてるって、すごいなあって思います」

徹子「ドイツ行ってみたい?」

寺田「行ってみたいです」

徹子「ねえ、ドイツではどうやってるのかね」

寺田「最近、地球温暖化でホッキョクグマの子たちが、今、ちょっとすごく食べるものがなくて、死んじゃったりしているから。やっぱり難しいなって思うんです。人間は人間で発展させなきゃいけないし街を。でも動物たちはそれをされることで住む場所がなくなって、動物たちが絶滅危惧種とか、そういうことが起きてしまうから。とても難しいなって思うんです」

徹子「そうよね」

寺田「あの、僕、思いやりがあれば、ほとんどのいろんな事件って解決するのかなって思います。思いやりさえあれば、相手のことを思えば、自分だってされたら嫌だったら、しなければいいし」

徹子「そうね、戦争でも、なんでも」

寺田「思いやりを誰かがもって、それがどんどん広がっていけば、ほとんどのことは解決するし、世界だってもしかしたら変えられちゃうかもしれない

徹子「あなたが大人になったら、そうやってみんなが生きられるようにしてください」

寺田「はい!!


寺田心さんは愛知県出身。3歳で、芦田愛菜さん(15)に憧れ芸能界入り。10歳のときに出演したTOTOネオレストのCMでブレイクした。映画、ドラマ、CMなど多数出演。映画「ばあばは、だいじょうぶ」で主演し、ミラノ国際映画祭2018 外国映画部門・最優秀主演男優賞を受賞。


ネットでは、そんな寺田心さんと徹子さんのトークが話題に。ネットの声を聞いてみましょう。







































何者なんだ・・・・・・