アイドルグループ「KAT-TUN」の元メンバーで、大麻取締法違反で逮捕・起訴され、10月21日に有罪判決(懲役6月、執行猶予2年)が言い渡されたばかりの田口淳之介さん(33)が、活動再開を発表しています。

tag_213
画像は公式ツイッターより

判決から2週間、この活動再開に、ネットの声は・・・・?

田口淳之介さんは内縁関係にあったとされる小嶺麗奈さんとともに5月22日に逮捕。同24日に送検、6月5日に起訴されていた。

裁判では、事実を認めて入手ルートも供述したことが考慮され、前科もなかったことから執行猶予付きの判決を受けた(10月21日、懲役6月・執行猶予2年)。


通常、このような犯罪を犯した後はしばらく活動を自粛するものであるが、最近ではDragon Ashなどに所属したKenKenこと金子賢輔さんが有罪判決からわずか1日で復帰を発表し物議を醸していた。




田口さんの場合は2週間空けたが・・・・・

11月4日に更新された公式サイトによると、

シングルリリース&ファンミーティング開催 決定!

自社レーベルImmortal-Recordsから初の楽曲

『Voices』(ボイシズ)を11月7日に配信リリース致します。

心の奥に押し殺した自分自身を声と共に解き放て!という強いメッセージを歌とアグレッシブなダンスで表現。困難な状況でも立ち向かう自身の姿を投影する1曲。

※MVも各配信サイト、公式Youtubeにて同時公開

そして、毎年恒例のファンミーティングを今年も開催する事になりました。
(以下略)

とのことだ。ファンミーティングは12月3日。


また田口さん本人のコメントとして

僕の新たな1歩を刻む楽曲が完成しました。協力してくれた仲間や支えてくれるスタッフに本当に感謝しています。

力強い踊りで何事にも立ち向かう強さを表現しました。歌と共に僕からのメッセージを受け取って下さい。

そしてファンの皆さんには大変お待たせする事になりましたが、僕とファンの皆さんだけの特別な時間を用意することが出来ました。

などと掲載されている。


この復帰発表、ネットでは


「犯罪犯してから再開早すぎません?」

「まだ土下座して間もないのに」

「ファン舐めすぎ。執行猶予期間はじっとしとくべき」


などという声があがっています。一方で「応援する」「頑張って」の声も。ネットの声を聞いてみましょう。

































一部では金銭的な余裕がないとの話もあったが・・・・