11月6日に放送された日本テレビの番組「スッキリ」では、女性だけが「メガネの着用禁止」されている職場があることを報道。

理由も伝えられた(後述)のですが、その時代遅れな発想にネットでは怒りの声が続出している。

megane_245


メガネは主に、視力が弱い人(屈折異常)が着用する器具である。視力が弱い人の中には、コンタクトレンズが合わずに着用できない人や、花粉症などで時期的に着用できない人もいる。そのような人にとっては、仕事はおろか日常生活においても眼鏡は必須。

それを禁止する理由とは・・・・?
番組によれば、職場でメガネを禁止している事例は多くあるという。

例えばある「企業の受付」の職場では、メガネの着用が義務付けられており、ある女性は「コンタクトなら可能と言われたが、メガネは不可だったので就職を辞退した」という。ある「ホテルの宴会スタッフ」もメガネは禁止だったとのこと。


以下、番組で紹介された「メガネ禁止されている職場」とその理由について記す。

・ある国内の航空会社のCA

理由:安全上の理由緊急時に避難の際、メガネが割れると危険だという理由で男性、女性ともに禁止されている。会社の規則で明記されているとのこと。

ただし、海外の航空会社(エールフランス、KLMオランダ航空、フィンランド航空)では着用OKだそうだ


・国内の化粧品会社、店頭の美容部員は禁止

理由:自分のメイクをお客さんに見せる際に邪魔になる


ここまでは、まだ合理的な「理由」として説明できなくもない。ネットで怒りの声があがっているのは以下だ。


・ある大手百貨店およびある商業施設の受付

理由:見た目が良くない
女性は華やかであれ、美しくあれという考え方
表情が分からず、冷たい印象を与えてしまう
綺麗な笑顔で対応するのがあなたのお仕事そこにいる華になれ。そぐわない人はクビ

ある職場では「花粉症で目が腫れても外しちゃいけない」と指導されていたとのこと


・創業80年以上の料亭

理由:和装にメガネは似合わない



この「メガネ禁止」を取材した記者は「根底にあるのは女性差別」「仕事のスキルに加え、女性にだけなぜか職場の華、マネキンであることが求められている」と述べていた。


スタジオのハリセンボン春菜さん(メガネ着用)は「メガネが何したっていうのよ!」「見た目が悪い、の意味がわからない」「世の中にはコンタクトが合わない人もいる」「怒ってます!」などと怒っていた。

安全上の理由ならしょうがないと思うが、なら海外の航空会社ではOKなのはなぜ・・・・?


ネットでも、メガネ禁止の理由に批判が続出。


「眼鏡で冷たい印象とか和装に眼鏡が似合わないってそれはただの眼鏡に対する偏見では!?」

「見栄えだの印象だので禁止されているのは差別よ」

「女性のメガネを禁止するなら男性のハゲも禁止しろ」


などという声があがっています。ネットの声を聞いてみましょう。







































「#MeeToo」「#KuToo」に続きTwitterでハッシュタグ出来そうな事案・・・・・