スノーボード元日本代表でプロスノーボーダーの國母和宏容疑者(31)が逮捕されました。

大麻取締法違反の疑いです。国母容疑者といえば、2010年のバンクーバー五輪に向かう際の服装(腰パン、ブレザーの前を開けシャツの袖も出すなど)で物議を醸し、その後の会見で「反省してまーす」としつつも「ちっ、うっせーよ」などと述べたことで批判を浴びた。

sunob_255
画像はmatome.naver.jpより

スノーボート選手の大麻といえば、2016年4月に「未成年の強化指定選手2人が2015年12月の米国コロラド州遠征で大麻を使用していた」と報道され騒ぎになっていた(未成年ということで名前は報道されなかった)が、結局、スノボ競技全体に大麻が蔓延していたということなのか・・・・・?
国母選手は北海道石狩市出身で、現在はアメリカ・カリフォルニア州に在住。

近年はコーチとして評価が高く、平野歩夢選手や平岡卓選手も彼を慕っているとされる。また、複数のメディアが彼が改心して立派に成長していると伝えていたところだった。


ちなみにスノボ選手の不祥事といえば先月、平岡卓さんがひき逃げ・飲酒運転の疑いを報道されたばかり。




日刊スポーツの報道によれば

2010年(平22)バンクーバーオリンピックで8位に入賞した、元スノーボード代表の国母和宏容疑者(31)が6日、大麻取締法違反で逮捕された。

10月に入り新潟県の村上市スケートパークや北海道旭川市を訪れていた

とのこと。

別の報道によれば、アメリカから国際郵便で大麻を送り、密輸した疑いとのこと。国母容疑者は麻薬取締部に出頭したとのことだ。


なお例によってWikipediaは荒れている(スポーツ選手がやらかすと荒れるのが定番になっている)。

kokubo_250


kokubo_251


kokubo_252


kokubo_253


ネットの声を聞いてみましょう。

































またまたスノボのイメージ・・・・・