11月6日に放送されたTBSの番組「水曜日のダウンタウン」では、お笑いトリオ「安田大サーカス」のクロちゃん(42)の連載企画が始動。

企画のタイトルは「MONSTER IDOL(モンスターアイドル)」で、クロちゃんがアイドルをプロデュースするというものなのですが、実態はクロちゃんがアイドル候補生らにセクハラまがい、パワハラまがいの行動を繰り返すもので・・・・・

kuro_291

kuro_278
これがオーディションの一部である(上の画像は次回予告、下の画像は今回)。今回は16名のアイドル候補から8名が選抜された。

オーディションではとにかくクロちゃんに好かれることが大事、という雰囲気が作られている。

これがアイドルオーディションの実態なのか・・・・!?
同番組では昨年の同時期に「モンスターハウス」というクロちゃんの恋愛リアリティ企画を放送。「ヤラセ」疑惑もあるなか、ネット上ではクロちゃんの気持ち悪さが話題になり大いにもりあがった。


そして今回の「モンスターアイドル」では、クロちゃんがアイドルのプロデューサーに。この日は16名の候補から8人の合格者をオーディションで決定したのだが、このオーディションがセクハラまがいで物議を醸している。

候補生は18歳~24歳の女性。未成年者もいる。
kuro_283


クロちゃんの主な発言、行動は以下だ。

・(スタッフに)「(候補者との)恋愛はオッケーなんですか?」と発言。

・(アイドル候補生らに)「僕が全権を持ってるってことがはっきりわかりました。なので僕にしっかりアピールできないとダメです。僕一人を好きにさせることができなければ、誰にも愛されない」「全権持ってる僕にアピールするように頑張って下さい」と発言

・「可愛いから」という理由で1人をオーディションなしで即合格にした。その合格者に「(自分のことが)好きになりました?」と質問。「めっちゃ好きです」と言わせる


・女の子たちに可愛いポーズを要求、自分へのアピールをさせる。ほっぺたを触る

・アイドル候補の子と1対1の状況を作りアピールさせる。女の子の膝に手を置き、手を握り「好きだよ」と発言。「私も好きです」と言わせる

kuro_278
画像の女性は20歳だが、未成年の女性とも同じような行為をしていた。


「この企画でアイドル作りたいし、彼女も作りたい」「(アイドルとしてだけではなく女性として)好きになっちゃってますね」と発言


・女の子と一対一になり、手をつなぎ「一番好きだよ」と発言。これを複数の女の子におこなう

・ある女の子には厳しい態度で接した。なぜなら「泣いてる顔が見たいから」「(合格札を)もらって泣いて喜んでる顔がみたいから」「思った通りポロポロ泣きましたよ。あの涙見たかったんですよ。思い通り泣いてくれたからサブイボ立ったもん。普通に合格してたら僕のこと気にならないじゃないですか。(一度落選させて)なんで受からないんだろうって考えるじゃないですか。もっともっと好きになってるじゃないですか。僕のことを何十倍も好きになってますよ」と、もっともらしいことを発言


そして次回予告では、沖縄での合宿(共同生活)が描かれるようだ。沖縄で女の子たちを水着にさせ、身体を触ったり、抱きついたり、手を握る場面がある。
kuro_291
kuro_288
kuro_289



クロちゃんのツイート。

リプ欄
kuro_279


ディレクターの藤井健太郎さんのTwitter。

リプ欄には称賛の声が多い
kuro_280

「モンスターアイドル」公式Twitter

リプ欄
kuro_281

水ダウ公式Twitterにも批判の声が・・・・
kuro_282



ネットでは、


「若い子の夢利用して身体触るのとか誰が許して放送してんの?これが笑いで片付けられてんのがやばいだろ」

「未成年に手を出すのはネタ抜きでやばいでしょ そんなんやるためにアイドル目指してるわけじゃないのに可哀想」

「吐き気しかしなかった。もう絶対に観ない。ああゆうのセクハラっていうんだよ!」

「沖縄に来てまでセクハラするとかクロちゃんアイドルグループ作るんじゃなくてクロちゃん専用キャバクラ作るんじゃね」

「アイドルオーディション企画にバチェラー要素を取り入れた藤井健太郎が天才過ぎる」

「怖いもの見たさで結局また見てしまうような気がする」


などという声があがっています。ネットの声を聞いてみましょう。


















































アイドルオーディションの実態を揶揄してる・・・・?