島本理生さんの小説「ファーストラヴ」(直木賞受賞作)が堤幸彦監督で映画化されるのですが、主演を務める女優の北川景子さん(33)が髪を30cm切りショートヘアになったことが判明。

ネットではその姿に「美人は何をしても美人」「似合う、可愛すぎる、きれいすぎる」などという絶賛の声があがっている。一部ロング派からは不満の声もあるようだが・・・・

kitaga_2
画像は後述の記事より

ちなみにロング時代
kitaga_3
画像はmatome.naver.jpより

顔のベースがさすがすぎる・・・・・・

北川景子さんは兵庫県出身。スカウトにより芸能界入り。「ミスSEVENTEEN」でモデルデビューし、ドラマ「美少女戦士セーラームーン」で女優デビュー。その後数々のドラマ・映画に出演。

オリコン「女性が選ぶ「なりたい顔」ランキング」では2010年~2015年の間に4度の1位を獲得するなど極度の美人として知られる。

2016年にバンド「BREAKERZ」のボーカルでタレントのDAIGOさん(41)と結婚した。


映画ナタリーの報道によれば

本作の主人公は、父親を刺殺した女子大生・聖山環菜(ひじりやまかんな)のドキュメンタリー本を執筆することになった公認心理師・真壁由紀(まかべゆき)

髪を30cm以上切って由紀を演じた北川は「原作・脚本を読みながらも胸が苦しかったのですが、今だからこそやるべき作品だと思いました」とコメント

浅野妙子が脚本を手がけた「ファーストラヴ」は、2021年に全国ロードショー

とのこと。


画像再掲
kitaga_2

ネットでは、そんな彼女のショートカットが話題に。


「分かったのは美人は何しても美人」

「ロングもポニテもショートも似合うとか可愛すぎる綺麗すぎる好き」

「めちゃめちゃ似合う!!かっこいい…!」


などという声があがっています。ネットの声を聞いてみましょう。



























また「なりたい顔」で上位行きそう・・・・・