コロプラなどが運営するスマホ・PC向けゲーム「アリス・ギア・アイギス(アリスギア)」のゲーム内イベントにて、「里芋とイカの煮物」を販売する店舗の看板に「芋煮」と書かれている不具合を認識しているとして謝罪および近日中の修正等を発表しています。

imo_6

東北の方々(青森県を除く)にとって「芋煮」を「里芋とイカの煮物」と混同されるのは許せないのだと思われる。

とくに、ZUNTATAの石川勝久さんや山形県出身のスタッフから怒られたということで、山形県民の怒りは大きかったとみられる。ただ、正直言って怒りの理由がわからなかったのでちょっと調べた。
まず、里芋とイカの煮物とは以下のような料理である。
imo_7
画像はキッコーマン公式サイトより。主な材料はイカと里芋。それにカツオ出汁、醤油、みりん、酒で味付けされる。

以下、Wikipediaにおける「芋煮会」のページの記述ベースに、東北の皆さんが「芋煮」と「里芋とイカの煮物」はまったく違うものだと主張する内容について記述してみたい。

メジャーと思われる「山形風」と「仙台風」の芋煮の画像は以下。
imo_8
imo_9

材料や味つけについては、東北の各県・地域で違いがあるようだ。以下最低限の部分だけ抜粋しているので、詳しくはWikipediaの芋煮会のページを参照。

「豚肉みそ味」:宮城県、山形県庄内地方
豚肉・里芋を主な材料とし、仙台味噌で味付けをする豚肉みそ味の芋煮がつくられる。「仙台風芋煮」と呼ばれる。

「とりすき風」:北東北の内陸。「豚肉みそ味」とオーバーラップする
「芋の子会」の名称が用いられる地域では、里芋と鶏肉を主な材料とし、醤油で味付けをする。「豚肉みそ味」芋の子汁も作られる

「牛肉しょうゆ味」:山形県内陸部
牛肉、里芋、こんにゃく、ねぎを主な材料とし、醤油で味付けをする。「山形風芋煮」と呼ばれる。

「寄せ鍋風」:三陸海岸沿岸、および、最上川の河川交通の要所
魚のみを入れる場合、魚と豚肉を入れる場合など様々ある。味付けも醤油味の他、味噌味もある。イモ類を入れる。

「豚肉しょうゆ味」:福島県中通り地方
福島県中通り地方では、豚肉しょうゆ味が一般的である。宮城県の流れがあり味噌味やブレンドが最近は出てきた

このように、いずれも「イカ」は使用されていない

ただし以下のような記述もある。

(山形県村山地方において)1945年(昭和20年)の終戦後数年は、肉の代わりにイカを入れていた


とはいえ現代において「芋煮」と「里芋とイカの煮物」を混同するのは、たしかに山形をはじめ東北の人たちに怒られそうだ。

また、仮にゲーム内に「芋煮」を登場させるとしても、上記のように東北各県によって材料や味付けが異なるため、混乱が予想される。実際、ネット上では(リアルでも?)「芋煮」の材料・味付けをめぐる言い争いもあるようだ。


ネットでは、この異例の「芋煮」の解釈をめぐる謝罪文が話題に。
ネットの声を聞いてみましょう。





























ゲーム内で芋煮を出すのは避けたほうが無難か・・・・・