「古都京都の文化財」として世界遺産に登録されている京都市右京区の龍安寺に、「我青龍」「感謝朱雀」「待たせたな」「白虎」と落書きした男が逮捕されました。

逮捕されたのは会社員の大西達也容疑者(44)

この男、その犯行動機について「創作意欲がみなぎって書いてしまった」などと話しているとか・・・・・。創作意欲おじさん・・・・!?

20191125_2
20191125_3
画像はカンテレの報道より

創作意欲がみなぎった結果がこれか・・・・。ネットではそんな彼の犯行動機にツッコミの声が続出している。

龍安寺は京都市右京区にある臨済宗妙心寺派の寺院。

落書きがあったのは、この寺の山門からすぐの白い壁面。


複数の報道によると、この大西達也容疑者(44)の供述は以下だ。

・神話やSFが好き

・将来、SF作家になりたい

・きょうは創作意欲がみなぎり、書いてしまった



ネットでは、そんな彼の犯行動機にツッコミの声が続出。


「みなぎる創作意欲を犯罪に転じるなんてお馬鹿としか言いようがない」

「感謝朱雀面白いから使っていきたい」

「創作意欲わいたなら人の作品の上に描くんじゃなくて、自分の作品にしような」

「みなぎってるのは創作意欲ではなく承認欲求だったみたいだね」

「書く場所を間違えてる時点でアウトでは。せめて自宅の壁に」

「創作意欲を人様のモノに吐くなボケが」

「「待たせたな」のあたりは本当にみなぎったんやろなあという感じがする」

「滾ったところでやっていい事と悪いことあんだろ」

「逮捕されるっていう想像力はみなぎらなかったらし」


などという意見があがっている。