Amazonプライムビデオの「バチェラー・ジャパン」が「ヤラセ」だという疑惑を、週刊文春が報道しています。

「バチェラー・ジャパン」は、一人の男性に対してたくさんの女性たちが争う恋愛リアリティ番組。

20191127_3
画像はバチェラー・ジャパン公式ツイッターより。この絵のように、一人のハイスペック男性を巡って女性らが争う。

「あいのり」「テラスハウス」など恋愛リアリティを名乗る番組は多くあるが、果たして視聴者の何%が「本気の恋愛」だと思って観ているのだろうか・・・・!?

バチェラー・ジャパンは2017年2月にシーズン1が放送開始。今年9月13日からはシーズン3が配信。元ネタは2002年に米国で放送開始された「The Bachelor」で、同番組は世界的な人気にもなっている。

週刊文春(文春オンライン)の報道によれば、そのヤラセ疑惑とは

・批判を浴びてるバチェラー友永さんの行動は、彼の意思ではない。デートプランや会話などに筋書きが存在する

・ある女性出演者は「私が早々に落とされるのは、事前に決まっていた」と証言

・制作側の意向で、友永さんは本意でない女性を選ばされた


などというもので、AmazonとYDクリエイション(吉本興業の関連会社)は取材に対して以下のように回答(否定も肯定もせず)。

応募された皆様も1人の男性が真実の愛を探す旅を追うという番組コンセプトに共感し、ご自身の意思で参加いただいております。バチェラー及び女性参加者が自身の決断と合意に基づくという原理の下に制作しております


なお日本版の初代、および二代目のバチェラーは、番組放送後にいずれも破局している。シーズン1やシーズン2でも、男性が本意でない女性を選ばされていた可能性が・・・・!?


ただネット上では、この「ヤラセ疑惑」に冷めた意見が大半だ。つまり「みんなヤラセだとわかっている」「台本があることを知った上で観ている」というもので、


「今さら何を言っているのだろうか」

「当たり前やない?リアリティショーやろ?」

「だれが本当の本気のリアルだと思ってみてたと?」

「あんなのガチなわけないですやん」

「逆にやらせじゃないと思ってたほうが不思議なんやけど」

「バチェラーがガチだと思ってる人ってあいのりとテラハもガチだと思ってる説」

「バチェラーってそれを知った上で楽しむもんじゃないの?」

「 あんなの台本というか構成作家とかおって当然やん。番組成り立たんやろ」

「台本あるとか当たり前すぎて草も生えん」

「やらせじゃないと思ってる人がむしろいる事に驚きだわ」

「 ファンタジーだっての」

「台本なしだと思って純粋に見てたやついるの?」

「あいのりとかテラスハウスがガチンコだったとでも思ってんのかよ」


などという意見があがっている。一方で、ヤラセだと思わず楽しんでいた純粋な人も存在するようで、


「実は全部台本説マジでキツすぎる」

「放送してた時期に楽しく観てた時間は変わらんのやから別に良いやん」

「やらせって嘘だよね? 嘘って言ってくれ」


などという意見もある。