明治安田生命が、令和初となる「子供(赤ちゃん)の名前調査」のランキング結果を発表。

対象は2019年に産まれた子供なのですが、今年の1位は男の子が「蓮(れん)」女の子が「凛(りん)」となったとのこと。

このレン・リンといえば、大ヒットしたボーカロイド(合成音声)製品「鏡音リン」「鏡音レン」を思い出す人が続出。この鏡音リン・レンは2007年発売。ボカロに熱中した人たちが、ちょうど親世代になったのか・・・・!?

20191128_15
画像はmatome.naver.jpより

「蓮」は2年連続で6回目の1位、「凛」は昨年5位で今年は5年ぶり2回目の1位。ということで、いずれも上位常連ではある。
明治安田生命の発表によれば、2019年生まれの子供の名前ベスト10は以下の通り。

20191128_16
画像は明治安田生命公式(pdf)より

傾向としては

・漢字1文字が人気(近年の傾向)

・女の子は「和を連想させる漢字」が人気(令和という新元号などから)

などで、ちなみに読み方をみると男の子は「ハルト」、女の子は「メイ」が人気。
20191128_17


ネットで話題になってるのは、男女で「蓮(れん)」「凛(りん)」が揃って1位にランクインしたこと。


鏡音リン・レンはクリプトン・フューチャー・メディアから発売されたボカロ製品。男女両方の声を声優の下田麻美さんが担当。社会現象を巻き起こした「初音ミク」に続くキャラクター・ボーカル・シリーズ第二弾として位置づけられている。2017年12月に発売された。


ちなみに、2016年の調査によると、女性が第一子を出産する平均年齢は30.7歳第一子誕生時の父親の平均年齢は32.8歳

この世代、2017年当時は18歳~21歳ぐらいにあたる。ボカロ世代・・・・。


ネットでは、そんな「名前ランキング」が話題に。


「鏡音世代が親になってると言うことを知ってしまった」

「リンレンが名前の1位とか時代は変わったな」

「リンとレンってなんでやろと思ったけど、ボカロか」

「ガチで鏡音姉弟と関係ありそう」

「ボカロ世代が親になったか?」

「確かにリリースされた頃に思春期だった人たちが今や人の親になってるんだろうけれど」

「鏡音リン・鏡音レンしか思い浮かばないな」

「リン、レンが新生児の名前一位って、今は本当に2019年か…?」

「鏡音さんちの子かな!?」

「新生児命名ランキング、鏡音姉弟が首位とっててちょっと嬉しくなった」


などという意見があがっている。