1月3日に放送されたTBSの番組「マツコの知らない世界 新春2時間スペシャル」に、歌手の宇多田ヒカルさん(36)が出演。

彼女の趣味が「街で見かけた落とし物の撮影」だというのですが、この趣味にハマるきっかけとなったのが、東京・日比谷の交差点付近で拾ったというあるDVD。

20200101_11
画像はtwitter.comより

まさか宇多田さんがこんなDVDを拾ってしまうとは・・・・・。

2010年のこの出来事をきっかけに「落とし物に惹かれる」ようになったとか。その理由は「本来あるべきではない場所に置かれてしまったものに共感するから」なのだとか・・・・・。

番組によれば、宇多田さんの「初めての落とし物撮影」は2010年。

マツコさんはそのDVDについて「名作よね、ほんとに、名作ですよこれは」と発言。



宇多田さんによれば当時の状況としては「作詞がてら、日課のお散歩で」歩いていたという。場所は「麹町に住んでいるときで、四谷の方から銀座に向かって日比谷公園の脇を通って、晴海通りと日比谷通りの交差点」とのことで「ちょうどペニンシュラ(ザ・ペニンシュラ東京)の向かいの」だそうだ。

以下の画像参照。赤矢印が宇多田さんの散歩ルートと思われる。
20200101_13
20200101_12


ザ・ペニンシュラ東京は高級ホテルである。そんなところに、似つかわしくないDVDが・・・・

マツコさんは「ペニンシュラのところに落ちてたの!?」と驚愕し、「誰が・・・・ニッポン放送の奴が落としたのかしらこれ!?なんでこんなのがそこに!?」と発言。


宇多田さんによると「信号の近くで、交番の向かいだったんですけど」「最初は裏のキラキラした面が気になって、通り過ぎたんですけど、『あれ?なんのCDだろう?見てみたい』と思って。信号で待っているときに悩んで、『見に行こう』って思って」「戻ったらこれだったんです」とのことだ。


宇多田さんの姿を「交番のおまわりさんが、すごく見ていて、(私の)一連の動きを。視線を感じながら」写真を撮ったという。


マツコさんと宇多田さんは「ポロッと落とすようなものじゃない」「なにかのメッセージだった可能性がある」などと議論。

宇多田さんは「いろいろ妄想が膨らむ。誰かに見つけてほしかったとしたら、まんまと(見つけてしまった)」「(DVDを置いたのが)あのおまわりさんだったら面白いですけどね」と妄想を膨らませた。


これがきっかけで「落とし物撮影」にハマってしまうとは・・・・・。恐ろしいDVDだ・・・・。


なおその後、マツコさんが「関西人妻シリーズ」と発言したところ、宇多田さんは「関西マニアック人妻投稿ですね」とすかさず訂正していた。


ネットでは、そんな彼女の発言が話題に・・・・・。


「拾った後再生したんかな?」

「一度見てみたい」

「見たくなったじゃねーかどうしてくれんだ」

「日本すごいよな」

「ヒッキーみたいな感性大事にしたい」

「ファンとしてはそういうところも含め ヒッキー大好きだ」


などという声があがっている。ちなみに内容の評価については


「とてもよかった」

「俺的にはイマイチでした」


などと見解が分かれている模様だ。