1月7日に放送されたテレビ朝日の番組「徹子の部屋」に、歌手・女優の堀ちえみさん(52)が出演。

堀さんは昨年2月、ブログでステージ4「口腔がん(舌癌)」などを公表。

20200101_25
画像はtwitter.comより

舌の6割を切除し太腿の組織を移植する再建手術を行ったと伝えられている。今年に入り芸能活動再開を発表していた。そして初のメディア出演がこの「徹子の部屋」となった。

この日の徹子の部屋では、堀さんが扉から登場すると徹子さんが「おかえりなさーい!」と迎えた。

堀さんが着席すると、徹子さんは言葉にならない様子で「あの、えっと、よかったね、元気でね」と発言。堀さんも涙ぐんで「はい!」と応じた。

ファンの方々へのコメントを求められた堀さんは「大変でしたけど、無事、戻ってきました」と述べた。

徹子さんは「今の話し方は堀さんの個性だと思ってみなさんに聞いていただきたい」と言い、堀さんは「本当にたくさんの医療スタッフの皆様に、本当に、助けていただいて・・・・冒頭からこんなに涙が出るとは思ってなくて、リハビリも今、一生懸命に大学病院の先生についていただいて、頑張ってここまでやっと喋れるようになって」と述べた。

徹子さんは「すごい、あなたのしゃべること全部わかるもの」と応じた。


参考動画







堀さんは番組で以下のように発言した。

・ステージ4で、生きて戻れない覚悟もしていた。

・医療の進歩で、がんだからといって負けないということも期待していた

・がんの告知を受けた時「手術で取る方法」「化学療法」「痛みを緩和するのみ」の3つの方法があるといわれた。自分では「これ以上痛い思いをするのは嫌だ」と思い「痛みを緩和する」だけにしようと思っていたが、当時高校1年生の次女に説得され、覚悟を決め最も生存率の高い「手術」を決断した

・(リハビリは)舌から血が出るんじゃないかっていうぐらい、一生懸命にしゃべって、1音1音、一語一語、全部組み立てて練習して、発声、発語できるようにトレーニングして、ここまで頑張りました

・今後の目標は、ボイストレーニングをして、息漏れをする中で、ちゃんと歌えるようにトレーニングしている。あと2年後にデビュー40周年になるので、そのときにはライブができればいいなと思って目標に掲げている





ネットでは、


「こんなに喋れるなんてすごい!」

「凄い回復力!! 頑張ったなー」

「すごい回復してる、涙でる」

「彼女の影の努力を思うと凄い人、、と思う」

「ここまで話せるようになるまでに、どれだけ苦労されたのか」

「癌治療の予後を心配する人に勇気をくれてる」

「想像していたよりずっと喋れている」

「とても堂々と勇気のある姿が 良すぎるわぁ」

「ここまでになるには、どんなに大変だったか想像に余りある」

「なんか感動するな 肝が座ってる」

「十分聞き取れる程度にはしゃべれてる」

「同じ病を患っている人にも これから患う人にとっても励みになるね 偉いなぁ」


などという声があがっている。