塾の生徒だった女子(10代)に、犬用の首輪をつけて監禁したとして塾の経営者が逮捕された事件。複数の報道により詳細が明らかになってきている。

逮捕されたのは奈良県奈良市の藤耕司容疑者(62)

産経新聞の報道によれば、伊藤容疑者が経営する塾は奈良市の「平成進学会藤ノ木台教室」だとのことだ。

20200101_30
20200101_31
上記画像はFNNの報道より

20200101_27
画像はグーグルマップより


なお付けられた首輪は「犬用」と報道されている。犬用の首輪はダニなどを避ける防虫剤が塗布されていることがあり、人間が付けるとかぶれるおそれがあるとの情報もある。

日刊スポーツ産経新聞などの報道を総合すると、

・女子生徒は伊藤耕司容疑者の教え子という関係。マンツーマンで指導中

・首輪が付けられたのは首と両足首。これをリードで繋いでいた。伊藤容疑者がまず「これをつけろ」と言って首につけさせ、「これもつけようか」と言って足につけさせた。両手は動かせる状態だった

・付けられたは昨年11月17日で、午後1時ごろからの3時間以上。両手は動かせるので、女子生徒はそのまま勉強を続けた

・女子生徒の母親が警察に相談して発覚

・伊藤容疑者は「間違いない」と事実を認めている。女子生徒側は「内心は嫌だったが、言えなかった」とのこと

・逮捕容疑は「逮捕監禁の疑い」

・なお伊藤容疑者は犬を飼っていない



ネットでは、そんな女子生徒首輪監禁事件が話題に。


「ヤバすぎる」

「やばい性癖にしか思えない」

「若い男なんだろなって思ったらくっそジジイじゃねーか」

「現実でする人間いるんだ 二次元の中だけかと思ってた」

「首輪はキャラ付け以外で人に使っちゃだめだ」

「どうしても理解できない」

「薄い本の話じゃないのか」

「人に犬の首輪つけるなや」

「女の子になって首輪つけて指導されてぇなぁ」

「世の中にはキモチワルイ人が居るもんだなぁ」


などという声があがっている。