1月11日に放送されたTBSの番組「サワコの朝」に、昨年12月に公開された映画「男はつらいよ お帰り 寅さん」で23年ぶりに女優に復帰した「ゴクミ」こと後藤久美子さん(45)が出演。

話題になっているのはその容姿。

ネット上では「老けた」「おばちゃんになってる」との声があるものの、「相変わらず美人」「今のほうが美しい」との声も多数あがっている。

20200101_75
20200101_76
20200101_77


かつての後藤久美子さん。
20200101_79
画像はmatome.naver.jpより

後藤久美子さんは東京都出身。1986年に女優デビュー。「国民的美少女」と呼ばれる。

1995年にフランス人のF1レーサー、ジャン・アレジ(現在55歳)と交際。翌年から同居。3人の子供をもうけている。現在はスイス・ジュネーブ在住。

2018年に23年ぶりの女優復帰を発表。昨年12月に公開された「男はつらいよ お帰り 寅さん」で復帰。



この日の「サワコの朝」では、現在はスイス在住ながら「両親とも健在なので、年に2回ぐらいは日本に帰ってきている」と発言。東京で普通に電車に乗ったり(PASMOも所持)買い物もしているそうだ。

阿川佐和子さんが「渋谷とか六本木を歩いてたら、”えっ!?”と言われるのでは」と質問すると、後藤さんは「いや、ないですないです。35歳、30歳以下の方たちは私のこと知らないでしょうし。海外に住んでいる私が(日本で)歩いていると思わないから」とのこと。


「男はつらいよ」シリーズには10代の頃から5作出演している。今回再び出演することについて「山田洋次監督から分厚い手紙が来て、読んでいるうちに、これは私が引き受ける引き受けないなどと考慮する権利すらないのだろうと。監督がこういう作品を作りたい、そこに私が必要ならば、これはきちんと成し遂げなければいけないことだろうと」と述べていた。


参考動画


ネットでは、そんなゴクミが話題に。


「久しぶりに見たら、誰かわからんかったわ」

「普通の、ちょっときれいなおばちゃんになっちゃった」

「普通のおばちゃんになってる?」

「十分綺麗なんだけど、美少女時代の幻影があるから、どうしても老けたなと思ってしまう」


などという声があがっている。一方で、


「すごくいい歳の取り方してる感じだね」

「相変わらずの美人さん」

「老けたけど綺麗」

「やっぱり美人てママになっても年取っても美人なんだわ」

「歳とったなぁっておもうけどやっぱり綺麗」

「デビューした時より今の方が美しい」


などという声もある。