1月19日に行われた大学入試センター試験の数学1Aに、「箱ひげ図」が登場。

しかしその数が47個とあまりにも多く、ネット上では「キモすぎる」「地獄絵図」だと話題になっている。

20200118_61

男の市区町村別の平均寿命を示した箱ひげ図だという。(一つの箱ひげが、ある都道府県内の市区町村別の平均寿命のばらつきを示していると思われる)

箱ひげ図はデータのばらつきを表現するための統計図表の1つ。箱とひげ(線)で、最小値、第1四分位点、中央値、第3四分位点、最大値を表す(別の点をとることもある)。

この問題が出題されると、ネット上では「箱ひげがキモすぎる」と話題に・・・・・






詳しい問題は明日の新聞でご確認を・・・・・


ネットでは、


「箱ひげ図の量笑った」

「箱ひげ図が抵抗器にしか見えません」

「箱ひげ図47個とかきも」

「地獄絵図」

「やばいな箱ひげ図の渋滞すごいな?」

「47個の箱ひげ図さすがに笑う」

「箱ひげ図の群れwwwwwww」

「あの箱ひげ図の量は気持ち悪いわ」

「キモすぎやん」


などという声があがっている。