2月3日に発売された「週刊少年ジャンプ」に掲載された漫画「僕のヒーローアカデミア」に登場したキャラクター「志賀丸太」について、ジャンプ編集部および作者の堀越耕平さんが声明を発表しています。

20200120_130


 【お知らせ】週刊少年ジャンプ10号(2月3日発売)『僕のヒーローアカデミア』の登場人物「志賀丸太」について、その名前が 「過去の史実を想起させる」とのご指摘がありました。命名にあたり、作者や編集部にはそのような意図はありません。
しかしながら、無関係の史実と作品を重ね合わせられることは本意ではないため、作者と相談の上、コミックス収録時に当該人物の名前を変更することにいたしました。
    2020年2月3日週刊少年ジャンプ編集部


このように、コミック収録時に名前を変更すると発表している。

一方、作者の堀越耕平さんは以下のように発表。



問題になった「丸太(マルタ)」とは。
実験材料「マルタ」と呼ばれた人々
後述の元731部隊員の複数の証言によれば、人体実験の被験者は主に捕虜やスパイ容疑者として拘束された朝鮮人、中国人、モンゴル人、アメリカ人、ロシア人等で、「マルタ(丸太)」の隠語で呼称され、その中には、一般市民、女性や子供が含まれていた(Wikipediaより)


731部隊とは。
満州に拠点をおいて、防疫給水の名のとおり兵士の感染症予防や、そのための衛生的な給水体制の研究を主任務とすると同時に、細菌戦に使用する生物兵器の研究・開発機関でもあった。そのために人体実験や、生物兵器の実戦的使用を行っていたとされている。


非人道的な実験が行われていたとされる731部隊の人体実験の被験者を想起させることから、海外から批判の声があがっていた。


ジャンプ編集部および堀越耕平さんによれば、上記のような「意図はない」とのことだが、名前は差し替えるとしている。


ネット上では、「過剰反応しすぎでは」との声も多いが、漫画家の「氏賀Y太」を連想した人も多数いた模様。

また、ジャンプ編集部および作者からの謝罪がないことについて、まだ批判の声もある。