2月28日に放送されたテレビ朝日の番組「羽鳥慎一モーニングショー」では、新型コロナウイルス(COVID-19)について報道。

そのなかで、民間で幅広くPCR検査が行われていない件について、出演した岡田晴恵さん(白鴎大学教授、医学博士、元国立感染症研究所ウィルス部研究員)が「感染研(国立感染症研究所)OB」の思惑を指摘し物議を醸している。

20200213_41
画像は後述の動画より

PCR検査の数が少ない(民間で行われていない)ことについて、岡田晴恵さんは以下のように述べた。

・私はプライベートのことは言いたくないが、中枢にある政治家の方からも「こういう説明受けたんだけど、これの解釈はこれでいい?」とか電話がよくかかってくる。

・公的負担に関しては、「できたよ」っていう電話があったんですけど、正直言いまして、クリニックから直接っていうことについては「ちょっと待ってくれ」と言われてるんです。「それはまだわからない」と

・私はうがった見方をしていました。(経済の専門家が言うように)「オリンピックは巨額なんだよ。汚染国のイメージはつけたくないんだよ」という大きな力なのかと思っていました。それは抗いがたいぐらいの大きな巨額の力なのかと思っていたんです。


・(政治家の)先生方に(質問を)ぶつけました。そしたら「ハハハ」っと笑われて、「そんな数をごまかしす肝が据わった官僚はいません」と。で、「これはテリトリー争いなんだと。このデータはすごい貴重なんだと。衛生研から上がってきたデータは全部、感染研が掌握する。このデータを感染研が持っていたいという専門家、感染研のOBがいると。そこらへんがネックだったんだ」とおっしゃっておられて。

参考動画


岡田晴恵さんは「論文や業績よりも、人命をとっていただきたい」「(感染研の)全員じゃないんです、一部にそういうOBがいる」などとコメントしていた。