3月6日に放送されたフジテレビの番組「めざましテレビ」の「ココ調」のコーナーでは、「オタク女子」なるものが特集された。

この特集にネット上の「オタク」の方々が反応。Twitterのトレンド入りするなど大きな話題になったのだが、一体どんな特集だったのか・・・・・・

20200213_55

以前は自分が「オタク」だということを隠している人も多かったが、現在ではオタクを積極的に公言する人も多いという。

番組では、街頭インタビューを行い、オタク女子を調査した。

インタビューに応じた主なオタク女子は以下だった。

・ジャニオタ
・アニオタ
・化粧品(コスメ)オタ
・ディズニーオタク
・GENERATIONSオタク
・アイドルオタク
・クレーンゲームオタク、ゲーセンオタク
・演劇オタク
・かぼちゃオタク
・廃墟オタク
・巨人(野球)オタク
・浦島坂田船オタク
・nqrse(ネットを中心に活動する作詞家・シンガー)オタク
・(写真)映えオタク

番組の調査によると、「自分はオタクだと思う?」という質問に「はい」と答えた女性は77%。


いまどきの女子たちは「好き=オタク」というライトな感覚なのだとか。

その理由としてある女性は「好きなことをオタクと言ったほうが、極めているんだよって、アピールで言いたがる子が増えている気がします」と分析していた。

他の女性たちは「オタクだと言ったほうが(同じ趣味の人と)話しやすいし、SNSでもオタ活とか言いやすい」「つながれて、コミュニティーを増やしやすい」などと話していた。


千葉大の藤川教授によれば、特に女性はSNSなどのコミュニケーション頻度が高いことが「オタク女子」増加の一因になっているという。



では、「好き」と「オタク」の違いは?。インタビューによれば

・生活がそれで回っているかどうか
・好きのレベルじゃなく、生命活力かどうか
・お金をだしているかどうか
・身を削っても(何万もの)お金をかけられるか

などがあげられていた。


ネットではこの特集に


「オタク女子のハードルも下がったものよのう」

「時代は変わったのだな…としみじみしてしまった昭和生まれオタク」

「恥ずかしくてチャンネル変えてしまった 公言したくねえー」

「昔なんてオタクって言葉はただの蔑みのための言葉のイメージだったけど、ずいぶん領地広げたものだなぁ」

「自分の趣味を活き活きと話してる人が多く映ってて良い時代になったなぁと思ったよ 」

「え、なに、オタク女子ってニュースで特集組まれるほど特殊な人種だった?」

「わたしが知ってるオタクと違った」

「オタク女子?なぜ女子をつけるのか理解不能」


などという声があがっている。