LAWSの森

レフェリー目線からサッカーを考えるブログ。 上級・ベテランさんの意見・コメント募集しています。

2015年05月

5/30 13:03 デンカ 新潟-甲府
主審  :吉田寿光
副審1:田中利幸 副審2:平間亮
四審  :大川直也


5/30 14:04 豊田 名古屋-山形
主審  :岡部拓人
副審1:名木利幸 副審2:竹田和雄
四審  :勝又弘樹


5/30 16:04 ノエスタ 神戸-仙台
主審  :木村博之
副審1:五十嵐泰之 副審2:金井清一
四審  :高橋佳久


5/30 19:03 カシマ 鹿島-松本
主審  :今村義朗
副審1:宮島一代 副審2:伊東知哉
四審  :手塚洋


5/30 19:04 味スタ FC東京-柏
主審  :榎本一慶
副審1:中井恒 副審2:渡辺智哉
四審  :岡野宇広


5/30 19:04 日産 横浜FM-G大阪
主審  :西村雄一
副審1:相樂亨 副審2:山際将史
四審  :荒木友輔


5/30 19:04 BMW 湘南-広島
主審  :山本雄大
副審1:木川田博信 副審2:清水崇之
四審  :秋澤昌治


5/30 19:04 日本平 清水-川崎
主審  :上田益也
副審1:武田光晴 副審2:蒲澤淳一
四審  :竹田明弘


5/30 19:00 ベアスタ 鳥栖-浦和
主審  :家本政明
副審1:西尾英朗 副審2:戸田東吾
四審  :川崎秋仁

5/27 19:04 中銀 甲府-鳥栖
主審  :岡宏道
副審1:穴井千雅 副審2:間島宗一
四審  :熊谷幸剛


5/27 19:03 デンカ 新潟-湘南
主審  :福島孝一郎
副審1:作本貴典 副審2:堀越雅弘
四審  :藤田和也


5/27 19:04 エディオン 広島-FC東京
主審  :木村博之
副審1:名木利幸 副審2:三原純
四審  :中野卓


5/27 19:04 ノエスタ 神戸-清水
主審  :今村義朗
副審1:中井恒 副審2:清水崇之
四審  :西橋勲


5/27 19:33 ユアスタ 仙台-山形
主審  :吉田寿光
副審1:平間亮 副審2:蒲澤淳一
四審  :小屋幸栄


5/27 19:34 ニッパツ 横浜FM-川崎F
主審  :山本雄大
副審1:田中利幸 副審2:山口博司
四審  :佐藤貴之

レフェリングで大切なのはゲームコントロール・説得力ですよね。
ある程度判定が微妙なものでも、説得力があれば納得されるゲームにできます。
ひっくり返せば、どれだけ正確な判定ができていても説得力がないとイマイチ信頼は得られないのでは?


競技規則には載っていませんが、意識するとより良いレフェリングになるポイントをいくつか紹介します。

①身だしなみ
シャツのメーカーなんかを気にしているのではなく……
シャツを出していたり、爪が伸びていたり、指輪やネックレスを付けていたり。
装飾品やだらしない格好をしていると不信感に繋がります。


②姿勢
実はダンスや体操と同じで、姿勢や手先も評価に繋がります。
猫背で、手先をだらんとさせてジャッジされても「なんだか自信がなさそう」と思われてしまいます。
副審もやはりフラッグを持つ腕が大切です。腕全体がフラッグになるくらい真っ直ぐピンと伸ばしましょう。


③態度
これは非常に大きなポイントではないでしょうか。ゲームをコントロールする上で一番と言っていいほど。
・インプレー中の態度
自分がしっかり見ているから安心してプレーしていいよ!くらいの態度でいきましょう。
プレッシャーに飲み込まれずに。必要であれば小さいシグナルなんかも使いましょう。
・判定を下す際の態度
間違っても笛を吹いてから不安な顔を見せてはいけません。
ミスをしてしまっても気にすることなく、潔く反省し次のプレーに生かしましょう。
・判定を下した後の態度
当然抗議の声なんかも上がってくることと思います。
それに押されてはいけません。自分の判定に自信をもって対応します。
だからといって偉そうで高圧的な態度はよくありません。Respectをいつでも基本に毅然とした態度で対応しましょう。


④笛
笛の音一つでも変わってきます。
笛はレフェリーの感情を表現するものですから、弱くなってしまったり掠れてしまうと信頼できませんね。
レフェリーをやられていて、コルク笛しか使ったことがないという方は思い切ってサッカー用のホイッスルを買ってみましょう。
笛を口まで持っていて吹かない、ということはいけませんね。このレフェリー今迷ってたぞ!って思われてしまいますよ。(アドバンテージを適用するときは構いません)


⑤走力
ゼエゼエ息を上げながら走っているレフェリーは良くありませんねえ。付いてくるので精一杯、判定が正確じゃないんじゃないの?なーんて思われてしまいます。
ファウルが起きてファウルの笛が鳴っても、主審が遠くで判定していると分かったら納得いきませんよね。
それがペナルティーキックとなる判定だったら?選手は当然怒りますよね。
それ以降の判定が正しくても、信じてもらえないなんてこともあり得ますよ。


⑤以外は意識すれば簡単に実践できますよね。
これだけでも大分説得力が増しますよ。
きっと納得してもらえるレフェリングができるはずです。
これ以外にも多くのポイントがまだあると思いますので、先輩・上級レフェリーの方のアドバイスや試合中に見つけて積極的に実践してみましょう。





長袖シャツの袖をまくるのは個人の好き勝手ですね。
今回は長袖ではなく半袖シャツを肩までまくってノースリーブ状にするのはいいのかって話です。

夏なんかの試合では湿度も高く、まくりたくなるのは分かりますがそれは許されるのでしょうか。


基本的な用具

競技者が身につけなければならない用具は次のものであり、それぞれに個別のものである。
●袖のあるジャージーまたはシャツ――アンダーシャツを着用する場合、その袖の色はジャージーまたはシャツの袖の主たる色と同じでなければならない。
(略)


「袖のあるジャージーまたはシャツ」との記載がされているからにはやはり袖の存在が大切なのかなと。

プレー中にすることが多いので、試合前のチェックで見つけることはできませんね。
明確な用具の違反でもなさそうですし警告はちと難しいかなと。

特に厳しくすることでもないので、目立つようであればアウトオブプレー中に声をかければいいのではないでしょうか。
確信を持ったアドバイスではないので自分で判断してくださいね。

この件に関して何かご存じのことがあれば是非ご一報ください。
(実は通達出てたりして……出てたらごめんなさい……)

5/23 14:05 NDスタ 山形-神戸
主審  :扇谷健司
副審1:大川直也 副審2:岡野宇広
四審  :大友一平


5/23 17:04 BMWスタ 湘南-清水
主審  :岡部拓人
副審1:山口博司 副審2:川崎秋仁
四審  :津野洋平


5/23 18:34 ユアスタ 仙台-甲府
主審  :東城穣
副審1:前之園晴廣 副審2:武田光晴
四審  :塚越由貴


5/23 19:04 埼スタ 浦和-鹿島
主審  :木村博之
副審1:作本貴典 副審2:数原武志
四審  :高山啓義


5/23 19:03 味スタ FC東京-名古屋
主審  :中村太
副審1:伊東知哉 副審2:村上孝治
四審  :西橋勲


5/23 19:04 等々力 川崎F-鳥栖
主審  :池内明彦
副審1:山際将史 副審2:聳城巧
四審  :三原純


5/23 19:04 アルウィン 松本-横浜FM
主審  :福島孝一郎
副審1:西尾英朗 副審2:平間亮
四審  :熊谷幸剛


5/23 18:33 万博 広島-新潟
主審  :廣瀬格
副審1:馬場規 副審2:植田文平
四審  :吉田哲郎


6/23 19:00 日立台 柏-G大阪
主審  :家本政明
副審1:相樂亨 副審2:五十嵐泰之
四審  :福島孝一郎

↑このページのトップヘ