LAWSの森

レフェリー目線からサッカーを考えるブログ。 上級・ベテランさんの意見・コメント募集しています。

2015年10月

たまにはレフェリーのファインプレーを見つけよう!ということで始まりましたこの企画。
サッカーの一番の魅力である得点シーンに華を添えるレフェリングです」。
皆さんからの情報提供もお待ちしております!(Youtubeのリンクがあると嬉しいなあ)

vOJJ7X
このプレーでアドバンテージを適用できるのは凄いですね。
距離もゴールにそう近くもなく、タックルの度合いによっては懲戒罰も必要なシーン。
スーパーゴールに華を添えたのは見事なアドバンテージでした。

元動画


先日この一報を聞きまして、大きめのスポーツショップ(笛がいつもたくさん売られている)を覗いてみることに。
やや不安だったのですが、ちゃんと置いてありました。

ドルフィンプロメタリックレッド・ブルー(各3000個限定)
image
image
過去にも限定カラーは出ていたようですが、今回が初。
スケルトンではなく、少し光沢のある色。
実を言うとドルフィンプロ自体が初めて。
今回は青と赤ですし、ついつい2つ買ってしまいました。

歴代私のホイッスル大集合!(劇場版?)
image
左からバルキーン、ドルフィンF、ドルフィンプロ×2、FOX40mini、JFA支給のコルク笛。
完全にバルキーン慣れしちゃっている自分がいますw
何より握りやすさなんですよ。
音は個人で好みがありますよね。私もたまには音を変えたいって思いますし。
本体の握りやすさだったらずば抜けてますね。

笛収集なんていう趣味にハマらなければいいなあ……

10/24 14:00 味スタ FC東京-浦和
主審  :佐藤隆治
副審1:山口博司 副審2:西尾英朗
四審  :井上知大


10/24 14:00 等々力 川崎F-横浜FM
主審  :榎本一慶
副審1:八木あかね 副審2:山際将史
四審  :木川田博信


10/24 14:00 BMWスタ 湘南-鹿島
主審  :飯田淳平
副審1:名木利幸 副審2:小椋剛
四審  :塚田健太


10/24 14:00 中銀 甲府-広島
主審  :扇谷健司
副審1:手塚洋 副審2:聳城巧
四審  :荒木友輔


10/24 14:00 アルウィン 松本-鳥栖
主審  :木村博之
副審1:数原武志 副審2:間島宗一
四審  :藤田和也


10/24 14:00 日本平 清水-柏
主審  :村上伸次
副審1:大塚晴弘 副審2:平間亮
四審  :野田祐樹


10/24 14:00 パロ瑞穂 名古屋-新潟
主審  :山本雄大
副審1:蒲澤淳一 副審2:金井清一
四審  :吉田哲朗


10/24 14:00 ノエスタ 神戸-山形
主審  :今村義朗
副審1:相樂亨 副審2:三原純
四審  :前田拓哉


10/25 14:00 ユアスタ 仙台-G大阪
主審  :上田益也
副審1:宮島一代 副審2:清水崇之
四審  :小屋幸栄

ゴールキーパーって本当に難しいですよね。
フィールドでただ1人だけが立てるポジション。
GKにはFPと異なったスキルも求められます。もちろんFPと同じスキルも求められることも。
それ故に、やはりルールもややこしい。結構試合であり得るケースなので、よーく覚えましょう!

自陣PA内で間接FKになるケース
●自分のものとしたボールを放すまでに、手で6秒を越えてコントロールする。※1
●自分のものとしたボールを手から放したのち、他の競技者が触れる前にそのボールに手で再び触れる。※2
●味方競技者によって意図的にゴールキーパーにキックされたボールに手または腕で触れる。
●味方競技者によってスローインされたボールを直接受けて手または腕で触れる。
●FKでボールがインプレーになって、他の競技者が触れる前に意図的にボールを手または腕で扱った場合
●スローインでボールがインプレーになって、他の競技者が触れる前に意図的にボールを手または腕で扱った場合
●ゴールキックでボールがインプレーになって、他の競技者が触れる前に意図的にボールを手または腕で扱った場合
●コーナーキックでボールがインプレーになって、他の競技者が触れる前に意図的にボールを手または腕で扱った場合

※1 コントロールとは、
●ボールがゴールキーパーの両手で持たれているとき、またはボールがゴールキーパーの手または腕とグラウンドや自分の体など他のものとの間にあるとき
●ゴールキーパーが広げた手のひらでボールを持っているとき
●ボールを地面にバウンドさせる、または空中に軽く投げ上げたとき
のことです。
6秒とは厳密に6秒数えているかというとそうではないですね。
共通理解としては、GKがボールをいつでも放せる状態になってから6秒弱経ったら声をかけて、それでも時間をかけるようだったら間接FKを宣告するっていうイメージよです。
例えばセービングの際に倒れ込んで、そこからきっちり6秒経ったところでなんの声かけもなく間接FKってなったら困りますよね。

※2 GKがボールに手や腕のいずれかの部分で触れることは、ボールをコントロールしていると考えられます。
しかしながら、セービングなどで偶発的にはね返ったボールはそのようにはみなされません。再キャッチが可能です。
GKが意図的に手でボールの方向を変えることは保持にあたります。
明らかにキャッチできるような弱いシュートなどで、時間を稼ぐために足元に落として、またはPAの隅へ足でボールを扱った場合などは間接フリーキックになってしまいます。


まとめ!
自分で行ったGK・CK・スローインを自陣ペナルティーエリア内で意図的に手または腕で触れた場合は間接フリーキック。
エリア外で触れたら直接フリーキック(ハンドリング)。
味方によるGK・CK・スローイン・意図的なキックは場所に関係なく間接フリーキック。
6秒を越える、他の競技者が触れる前の再コントロールは間接フリーキック。
キーパーがPAエリアを飛び出てシュートをキャッチしてしまった場合はなどは直接フリーキック(ハンドリング)。


おまけ。インプレー中に競技者が競技規則の裏をかき、意図的に策略を用いて味方のゴールキーパーに頭や胸、膝などでボールをパスした場合、間接フリーキックになります。ゴールキーパーが手または腕で触れたか否かは関係しません。
リフティングからヘディングでボールを返すとか、味方にボールを上げてもらって胸で落とす行為とかですかね。

第11話~競技者の数~ 参照 競技規則p.19

あ「前回お約束した通り交代の進め方ですよ。」

少「交代とかは結構厳しそうだよね。」

あ「じゃあ一つずつ確認してみようか。」

あ「すべての試合において、交代要員の氏名は試合前に主審に届けられなければならない。それまでに氏名が主審に届けられていない交代要員は試合に参加できない。これはいいね?」

少「うん。ところでどうやって届けられるの?」

あ「いわゆるメンバー表だね。チームの全員の名前が記載されている表に、先発・サブって欄があって名前の横に丸を付けてあるんだ。」

少「へえ」

あ「交代が行われることについて、事前に主審に通知する。交代は自由じゃないよ。」

あ「交代要員は、交代によって退く競技者がフィールドの外に出た後で、しかも主審の合図を受けてからフィールドに入る。」

少「人数の勘違いなんかが起きないように、ちゃんと出てからね。」

あ「その通り。」

あ「交代要員は、試合の停止中にハーフウェーラインのところからフィールドに入る」

少「そうだね。」

あ「交代は、交代要員がフィールドに入ったときに完了する。」

少「へえ。ポジションについたときじゃないんだ。」

あ「フィールドの中が11対11になればいいってことなんだろな。」

あ「そのときから交代要員は競技者となり、交代された競技者は交代して退いた競技者となる。」

少「なんか変わるの?」

あ「懲戒罰とか違反とかが色々違ってくるんだよ。まあそれはまた今度ね。」

あ「交代して退いた競技者は、再交代が認められる場合を除き、その試合に再び参加することはできない。」

少「再交代、前回やったね!」

あ「よく覚えてたね。そして交代要員は、出場するしないにかかわらず、主審の権限に従い、その管轄下にある。」

少「出ないから何してもいいってわけじゃないと。」

あ「GKとFPは、入れ替わる前に主審に通知して、試合の停止中に入れ替わることができる。」

少「勝手に替わったら困るもんねw」

あ「これは俺の話なんだけどね。交代の時にOUTとINの背番号記録しようと思うんだけど焦ってるし聞こえないから書けないのよ……だから基本的に交代の方の管理は本部にやってもらってます。」

少「へえー。審判も大変だね。」

↑このページのトップヘ