LAWSの森

レフェリー目線からサッカーを考えるブログ。 上級・ベテランさんの意見・コメント募集しています。

2015年11月

だいぶ前からあるものなんですが、皆様にも知っていただきたいと思いまして。
今すぐに試してください!
livedoor blogのサービスです。

通知を受け取りたいブログをスマホ版で開き、ここ
e240becf-s
をタップ。

image
こんな感じになりますので「受け取る」をタップ。

image
ブログが更新されると通知が来ます。(毎日正午におすすめ記事も来ますがw)

これでお気に入りのブログのチェックも欠かさず効率よく行えますね。
また、「うわっ今日の試合でこんなシーンあったのに……更新されていたのに気づいていれば」なんてこともなくなりますね。
ブログをやっている方は、自分のブログを登録しておけば便利ですよ。
投稿の確認、スマホ版の記事の確認もすぐ行えます。

是非やってみてください!

リーグ戦も続々終了し、CSやプレーオフに入りますね。
今シーズンの主審のデータを公開し、まとめてみたいと思います!

referee

粗末な作りで申し訳ありませんw(4thの荒木さん、塗るの忘れてます)
まとめとは言ったものの、大したデータでもありません……

とりあえずランキング化してみます。
※ランクインするのは、2015シーズンに出場した審判員が対象
※複数名いた場合でも、次の順位はそのまま
※名・敬称略
※多い順番で掲載しています。必ずしも上位が良いとは限りません。
※PはPR(プロフェッショナルレフェリー)、国は国際審判員


主審出場数

【1】 21 西村(P)
【2】 20 扇谷(P) 東城(P国)
【3】 19 飯田(P国) 村上(P) 吉田寿(P)
【4】 18 家本(P国) 松尾(P)
【5】 16 佐藤隆(P国)
【6】 15 山本雄(P国)
【7】 14 木村(P国)
【8】 13 今村
【9】 12 高山
【10】 11 榎本 岡部(国)
【11】 10 中村 廣瀬 
【12】 8 上田 福島
【13】 7 井上
【14】 6 池内
【15】 4 岡 三上

1位には西村さんがランクイン。国際舞台から退いたこともあってか国内の試合が増えたのかもしれませんね。
2,3,4位はベテランの主力レフェリーが占めています。
下位にも今後期待できるようなレフェリーの名が上がっています。来年はもっと増えると良いですね。

警告

【1】 63 扇谷(P)
【2】 58 松尾(P) 
【3】 55 東城(P国)
【4】 51 飯田(P国)
【5】 49 村上(P)
【6】 44 佐藤隆(P国) 吉田(P)
【7】 40 家本(P国)
【8】 37 山本雄(P国)
【9】 35 木村(P国)
【10】 32 中村 
【11】 29 今村 高山 西村(P) 
【12】 26 池内
【13】 24 岡部(国)
【14】 23 井上
【15】 21 榎本 福島

【16】 14 上田 廣瀬
【17】 12 岡
【18】 9 三上

退場

【1】 6 飯田(P国)
【2】 3 山本雄(P国) 
【3】 2 家本(P国) 榎本 東城(P国) 中村
【4】 1 井上 上田 扇谷(P) 高山 西村(P) 廣瀬 松尾(P) 村上(P) 吉田寿(P)

1試合あたり警告

【1】 4.33 池内
【2】 3.29 井上
【3】 3.22 松尾(P)
【4】 3.2 中村
【5】 3.15 扇谷(P)
【6】 3 岡
【7】 2.75 佐藤隆(P国) 東城(P国)
【8】 2.68 飯田(P国)
【9】 2.63 福島
【10】 2.58 村上(P)
【11】 2.5 木村(P国)
【12】 2.47 山本雄(P国)
【13】 2.42 高山
【14】 2.32 吉田寿(P)
【15】 2.25 三上
【16】 2.23 今村
【17】 2.22 家本(P国)
【18】 2.18 岡部(国)
【19】 1.91 榎本
【20】 1.75 上田
【21】 1.4 廣瀬
【22】 1.38 西村(P)

レッドカード率(カードの内レッドの割合)

【1】 10.52 飯田(P国)
【2】 8.7 榎本
【3】 7.5 山本雄(P国)
【4】 6.67 上田 廣瀬
【5】 5.88 中村
【6】 4.76 家本(P国)
【7】 4.17 井上
【8】 3.51 東城(P国)
【9】 3.33 高山 西村(P)
【10】 2.22 吉田寿(P)
【11】 2 村上(P)
【12】 1.69 松尾(P)
【13】 1.56 扇谷(P)

ここまでがカード関係のデータ。
警告数だけでは分かりませんね。やはり1試合あたりのを見ないと。
以前、どこかで「主審が家本さん並みにカード出してる」なんて言っている不届き者を見かけましたが、むしろ家本さんは下位であります。
まあ一概にカード多い主審が悪くて、カード少ないから優秀って決めつけることもできませんよね。
西村さんは最多出場もしているのに、1試合当たりの警告は一番少ないという結果に。
ここら辺のコントロールは流石プロといったところでしょうか。
今村さん上田さん榎本さんには来シーズン個人的に期待です。
続いては皆さんお待ちかね(?)のデータ。

第4の審判員出場数

【1】 9 荒木 井上 野田
【2】 8 塚田健 
【3】 7 榎本
【4】 6 上村 河合 清水修 藤田
【5】 5 池内 上田 三上 吉田哲
【6】 4 高山
【7】 3 小屋 福島
【8】 2 今村 岡 前田
【9】 1 岡部 柿沼 窪田 廣瀬

このうち主審の割り当てがあったのは井上 榎本 池内 上田 三上 高山 福島 今村 岡 岡部 廣瀬の11人。


以上が2015年J1の記録です。(天皇杯ナビ杯CSは含んでいません。)
来シーズン以降は更にデータ量(特に一部の審判サポ向けw)を増やしていきたいと思っています。
ご意見や訂正などいつでもお待ちしております。

つい先日のJ2のワンシーン。
今宵も素敵なゴールに華を添えるアドバンテージをご覧ください。

v9EQ5q

中盤でのアフターのファウル。
主審の岡部さんは笛を口に持って行ってますが・・・

KeVn07

別の角度だと、しっかりアドバンテージを適用していることがわかります。

アフターのファウルは大きなチャンスにもなり得るので、ボールの行方を見てから判断する(場合によっては長いロールバックを取る)のがいいと思うんですよね。
岡部さん、ナイスアシスト。

11/22 13:33 カシマ 鹿島-名古屋
主審  :扇谷健司
副審1:中井恒 副審2:間島宗一
四審  :河合英治


11/22 13:34 埼スタ 浦和-神戸
主審  :高山啓義
副審1:大川直也 副審2:堀越雅弘
四審  :塚田健太


11/22 13:33 日立台 柏-新潟
主審  :松尾一
副審1:武田光晴 副審2:渡辺智哉
四審  :上田益也


11/22 13:34 味スタ FC東京-鳥栖
主審  :山本雄大
副審1:名木利幸 副審2:平間亮
四審  :岡宏道


11/22 13:33 等々力 川崎F-仙台
主審  :吉田寿光
副審1:山内宏志 副審2:中野卓
四審  :野田祐樹


11/22 13:35 日産 横浜FM-松本
主審  :東城穣
副審1:蒲澤淳一 副審2:戸田東吾
四審  :清水修平


11/22 13:34 中銀 甲府-清水
主審  :西村雄一
副審1:山口博司 副審2:西尾英朗
四審  :井上知大


11/22 13:33 万博 G大阪-山形
主審  :村上伸次
副審1:前之園晴廣 副審2:金井清一
四審  :福島孝一郎


11/22 13:36 エディオン 広島-湘南
主審  :佐藤隆治
副審1:八木あかね 副審2:武部陽介
四審  :廣瀬格

今日の記事は信憑性がないというかなんというか……
競技規則や協会からも解説はありません。どこかのブログでこの話題見たことある気がするのですが……
もしかしたら丸被りになったり、反逆的な内容になるかもw
今後、当ブログをご覧いただく上で理解しておいてもらえると幸いです。

それでは本題へ。
皆さんはタイトルを見てどう感じたでしょうか。頭に図や実例は思い浮かびましたか?


私の考えはこうです。(断言するような書き方をしますが、あくまで個人の考えです!)

①オフサイド
ボールおよび後方から2人目の相手競技者より相手競技者のゴールラインに近いポジションにいる状態を指します。恐らく、後述のオフサイドと区別をつけるためにオフサイドポジションと呼ぶでしょう。
単純にオフサイドポジションにいることです。

②オンサイド
オフサイドポジションにいないことです。

上記2つは場所だけを指す言葉です。
画像で判断できるものです。

③オフサイド
こちらは結果を表す言葉。
オフサイドポジションにいた選手が、プレーに干渉した、相手競技者に干渉した、その位置にいることによって利益を得た場合に罰せられます。
反則です。

④ノットオフサイド
こちらも結果を表す言葉。
オンサイドの場合はもちろんノットオフサイド。
新解釈の場合(守備側のセーブを除く意図的なプレー)は、オフサイドポジションにいてもノットオフサイドとなります。
オンサイドではなくてもノットオフサイドにはなり得るということです。


なんとなくでも分かっていただけましたかね?
①のオフサイドは、無視でも構いません。オフサイドポジションって名前がありますからね。
オンサイドとノットオフサイドの違いは私の中では上記の感じです。

言葉を使い分けることによって、映像・画像がなくてもイメージがしやすいと思うんです。
今後も、少なくとも当ブログはこのように使っていきます。

こちらのまつさんの記事もどうぞ。
FC東京紀行記と審判奮闘記-2nd Stage第16節 vs柏レイソル戦より… 

↑このページのトップヘ