副審は主審と違って、いつでも忙しなく動いている訳ではありません。
主審と違って身体の一部ではないフラッグを使います。
だからこそ、姿勢や身体の使い方が目立ってきます。

オフサイドの判定によって副審の説得力を感じられるかといえば、そうではないと思います。見てて信頼できるかどうか、それは姿勢にかかっています。


1.移動は原則サイドステップ!
そのままです。多少速い展開でも、サイドステップで移動できるようにしておきましょう。常にフロントステップで走っていると細かいボールの移動に対応できずオーバーランしてしまいます。
サイドステップからフロントの動作に移り変わるときはステップオーバーで。右に走り出すなら右足をまたいで一歩目を左足から踏み出しましょう!

2.フラッグは原則左手!
フロントで走るときはフィールドに面した方の手で持ちますが、サイドステップの時は左手で持ちましょう。右利きだと右手で持ってしまいがちですよ。

3.腕の使い方を意識しろ!
先ほど「身体の一部ではないフラッグ」と申し上げましたが、頭から記憶を消し去ってください。フラッグは身体の一部です。
腕の付け根からフラッグの先端まで一直線を意識してください。人差し指を伸ばしてフラッグを持つと直線になりやすいですよ。
ゴールキックのシグナルの角度は意外と水平になっていないものです。目線の高さに手首の位置を持ってきてしまいがちなので、一度シグナルをチェックしてみてください。

4.体幹を意識しろ!
立っているだけで汗が噴き出るような真夏。自分ではない方のエンドでCKが連続していたらどうしてもダラ~としてしまいますよね。
そこを意識して改善!常に誰かから見られていることを忘れずに。
タッチジャッジの際も、ボールを目で追っていたり、ライン上に目を置いていると屈んで、くの字のような格好になることがあります。常に気をつけの姿勢で!

5.落ち着け!
副審は際どいジャッジが多いものです。張り切って動作が速くなってしまったり、焦ってタイミングが早すぎになってしまいます。
髪の毛を整えてから鏡を見るくらいの気持ちでやりましょう!(本当に気持ちだけですよ!)


これだけマスターしておけばアセッサーがいい評価を付けざるを得なくなる?かも?