どうもお久しぶりです。
何もかもサボり気味でごめんなさい。
久しぶりに主審を2日連続で担当いたしました。

まずは高校生の試合。
警告退場もなく終えました。フラグアップの見落としも無し。
ただ気になったのはポジショニングです。両チームのボランチと被る被る……。後半に1度パスも当たってしましました。
そもそもセンターサークルに入りすぎていましたね。反省。
SPEEDCELLがうまく働いてくれなかったようで距離は出ませんでしたが、体感的に8キロは走ったかなといった感じ。後半に運動量がガクッと落ちました。


翌日は中学生年代を担当。
両チーム・本部の要請があったため給水タイムを設定しました。
カードは1枚。
ゴール前で守備側がボールを細かく回していたところ、ゴール前で攻撃側がインターセプト。とっさにDFは手で掴んで倒しました。
迷うことなくPKを宣告し、反スポでカードを提示。赤も一瞬頭をよぎったのだけれど、ゴールから離れる方向でインターセプトしたのと、タッチが大きくGKが十分キャッチできるので、距離・コントロールの項目を考慮して黄色にしました。
クラブだけあって身体のぶつけ合いが激しく、手も出てました。タフとラフの見極めを意識しました。
アフターで突っ込むプレーには注意を挟みながら。
不用意レベルのチャージで膝が入ってしまったようで、痛む選手のケアをしました。相当痛そうで立てなさそうだったので、まずはコーチの入場を許可。担架呼ぼう!となったので要請しようと笛を吹いて後ろを向くとすでに担架が入ってしまっていた……。
あちゃー。試合前に言い忘れてたか。A1が止めてくれればなあ。
60分ゲームで6.5km程走りました。
高校生の試合はロングボールが蹴れるのである程度予測して前に動き出したのですが、その感覚のまま中学生の試合を担当すると、ロングボールを使わないので争点から遠くなってしまい慌てて修正ということも。


プロの試合のレビューなんかは他の方にお任せするとして(投げやり)、審判を実際に経験しているからこそ伝えられることを中心に更新できたらな、と思います。
今後も当ブログをよろしくお願いします。