FC東京 対 アルビレックス新潟の試合で、話題になった判定がありました。
いわゆる「6秒ルール」というやつです。
滅多に適用されないのに何故か皆が知っているルールランキング1位だと思います。(適当)

経緯を説明すると、秋元がボールをキャッチします。そのままPA内をうろうろ。何秒か経ったところで主審の笛が鳴り、間接フリーキックとなります。ここでFC東京の選手が抗議をしますが、秋元がボールを素直に放したため、新潟はすぐにリスタートをし得点しました。
動画の方が分かりやすいでしょうか。ご覧ください。

如何でしょうか。


論点は2つでしょう。
①「6秒ルール」が適用されるべきだったのか
②新潟のクイックリスタートは認めらるべきだったのか


①「6秒ルール」が適用されるべきだったのか

まずは競技規則を確認してみましょう。

ゴールキーパーが自分のペナルテイーエリア内で、次の4項目の反則のいずれかを犯した場合、間接フリーキックが相手チームに与えられる。
●自分のものとしたボールを放すまでに、手で6秒を超えてコントロールする。

秋元がボールを手でコントロールしていた時間は10秒程度です。
これは立派な違反です。
ただ皆さん、よく7~8秒ボールを持っているのに違反をとられないGK見ませんか?
正直に言いますと、競技規則には多少緩い部分があります。
スローインの再開位置の例とか分かりやすいですかね。そんなにうるさくボールが出た地点からやらせませんよね。
7~8秒経っても笛を吹かないというのは、何らかの理由があってなんですけどね。例えばセービングで大きく飛んで着地した際や、前にFWが来てボールを放しづらい時なんかですね。
今回の秋元はキャッチしていつでも放せるようになってから10秒程経っている訳ですから、違反とされるには充分すぎますね。
勝ち負けや試合時間には関係なく取られるものだと思います。

②新潟のクイックリスタートは認められるべきだったのか

全くもって正当です。
違反が起きた地点から、静止したボールを蹴り、オンサイドの選手が蹴り込んだのでゴールです。
前から何度も言っていますが、FKは基本的に攻撃側に権利があります。
主審が笛を吹いて試合を停止させていないので、好きなタイミングで蹴ることができます。
レフェリーは得点の可能性が高い方法を選びますから、抗議があったからといって試合を止めるなんてことはありえません。


レフェリーをやっている者としての発言としてはどうかと思いますが、こういった場面ではイエローを貰ってでもクイックリスタートを阻止するべきだったと思います。
新潟の頭が良かったというよりは、東京の怠慢かなと。

それとゴール裏のおじさん、遅延行為と6秒一緒にしないでくれ。プレーの再開で6秒にしたら、サッカーはどちらのチームが早く没収試合にさせるかって競技になっちまうぜ。