LAWSの森

レフェリー目線からサッカーを考えるブログ。 上級・ベテランさんの意見・コメント募集しています。

カテゴリ: その他

なんだかありきたりな作文みたいなタイトルになりました。

私も割当を受けるようになり、やっと本格的に審判活動ができるようになりました。
来年も精力的に励みたいとおもいます。

話題になった判定は1stステージの方が多かった気がしますね。
2ndステージはジャッジ以上に、純粋にサッカーに盛り上がれた気もします。
CSはとても盛り上がりましたし、審判団の活躍も目立ちました。西村さんにはまさにお手本となるレフェリングを見せていただきました。

FC東京は戦力を一新し非常に楽しみなシーズンになりそうです。
今シーズン、何度も一歩届かず悔しいシーンがありました。
来年こそは笑顔で終われるように!

今年お世話になった方々、この場を借りて御礼申し上げます。
来年もよろしくお願いいたします。

だいぶ前からあるものなんですが、皆様にも知っていただきたいと思いまして。
今すぐに試してください!
livedoor blogのサービスです。

通知を受け取りたいブログをスマホ版で開き、ここ
e240becf-s
をタップ。

image
こんな感じになりますので「受け取る」をタップ。

image
ブログが更新されると通知が来ます。(毎日正午におすすめ記事も来ますがw)

これでお気に入りのブログのチェックも欠かさず効率よく行えますね。
また、「うわっ今日の試合でこんなシーンあったのに……更新されていたのに気づいていれば」なんてこともなくなりますね。
ブログをやっている方は、自分のブログを登録しておけば便利ですよ。
投稿の確認、スマホ版の記事の確認もすぐ行えます。

是非やってみてください!

鉄道の事件(火災)で思い出した話を一つ。
あまり関係のない話なのですが、小話程度にどうぞ。

1969年。寝台特急日本海が北陸トンネルを走行中、車両から火災が発生しました。
当時の国鉄の規則では、「火災が発生した場合はすぐに停車させなければならない」と定められていましたが、機関士は「トンネル内での停車は危険」との判断を下し、あえて規則に従わずトンネルを走行し続け脱出後に非常停車し、消防と消火活動を行いました。
その結果、被害は火元車両焼損のみで抑えられたそうです。
もちろんこの機転を利かせた対応は世間に好意的に受け取られました。
しかし国鉄は、「出火を認識しながらただちに停止しなかった機関士の行動は運転規則に違反している」とし、運転業務から外したうえに、この規則を維持させました。

3年後。急行きたぐにが北陸トンネルを走行中、食堂車から火災が発生しました。
きっとこの運転士は思い出したのでしょうね。3年前のことを。
規則に従いトンネル内で停車しましたが、就寝中の時刻であったこと、煙がひどかったこと、トンネル中央での停車だったので徒歩の脱出は難しかったこと、消火器以外に消火設備がなかったこと、消防に排煙車もなかったこと、消火のためのホースもトンネルに伸ばせなかったこと、トンネル照明もなかったことなどたくさんの条件により、事態の鎮静化はより難しくなっていました。
深夜の無人状態の食堂車で発生し発見が遅れたこと、発生した有毒ガス・煙が排煙機能のないトンネル内に充満したことにより、結果として30人の方が亡くなり、714人の方が負傷されました。


事故後の実験を経て、「トンネル内で火災が発生した場合、走行を続けて脱出後に停止する」と規則を改めるとともに、日本海の機関士への処分も撤回されました。

Wikipedia-日本の鉄道事故(1950年から1999年)
Wikipedia-北陸トンネル火災事故


さあこのことから何が得られるでしょう?

一つ目。なんでもかんでも規則に縛られてはいけないと私は感じます。(2つ目の事故の運転士の方を批判している訳ではありません)
例えば副審をしていてプレーが遠く離れた場所で行われている状況で、10mほど離れた場所で競技者が不自然に倒れたらどうしますか?殴り合いが始まったらどうしますか?基本的に(FKの壁の操作のとき以外)は、副審はフィールドには入れません。
私は、コモンセンスに基づいて行動するならば規則より優先されると思いますよ。
あくまで「コモンセンス」(=共通理解)の範囲内で、ですよ。

二つ目。失敗から教訓を得るべきということです。
ミスをして、それを直せないことが最大のミスと言われていますね。
ミスは素直に受けとめ、自分にとってプラスにしたいですね。
他人のミスを自分にとってプラスにすることも大切だと考えています。
他人のミスは自分よりはるかに多いでしょうし、多くのパターンがあります。それを一つ一つ自分の身にしていくことで大きなレベルアップが期待できます。
他人のミスは自分のミスと思って!

あまり纏まってない気がしますが、少しでも理解していただけたら幸いです。

J3ホームスタジアム地価ランク(円/㎡)

ニッパ 149,000
沖縄陸 49,300
ギオン 45,020
藤 枝 42,500
Aスタ 37,900
野津田 35,300
南長野 29,960
維 新 28,000
沖縄総 27,700
とりぎ 15,000
盛岡南 14,780
福 島 8,030
富 山 7,000

ある方たちに便乗し、昨日作っていました。
一つにまとめた完全版です。
いくつもミスがあり大変申し訳ございませんでした。

久しぶりに休みという休みだったので原宿に繰り出しました。
行先はKAMO原宿店!

原宿ってあんなに混むんですね。都在住ですが驚きました。

まず私の目についたのが4階のReferee‘s room。
わざわざコーナーにしてくれるのか!と期待して行きました。
品揃えはすごかったです。
笛は種類・色ともにすごい数。
FOX低音ver.・FOXmini・ドルフィンプロ・ドルフィンF・バルキーンなどなど。
シャツは2014から使われている色付きのも販売中。パンツ・ソックスもあります。(サイズは限られています)
アップ用のジャージ(J審判も着用?)も。
これであなたも三次さんと同じ格好に。
カード・コインなどの小物も多メーカーのものを用意していました。

その他にも西村さんやウェブさんをはじめとしたW杯レフェリーのサイン入りのグッズも多数展示されています。

続いて地下1階のadidas Craftsman Centerへ。
mi adidas
のようにカスタマイズが可能です。
ただカスタマイズするだけでなく、様々なサービスが受けられます。
踵の補修・幅広げ・つま先の補修などなど……
今回は買ったスパイクをそのまま持ち込んで幅を広げてもらいました!
(納得いくまでやっていただいて無料でした)
3Dで足を現像し、幅・長さ・周囲などを数値化し、靴選びのアドバイスを無料でいただけます。
お値段もお手頃なので、一度自分専用のスパイク作ってみては?
スパイク持ち込みやトレシューもOKだそう。

↑このページのトップヘ