LAWSの森

レフェリー目線からサッカーを考えるブログ。 上級・ベテランさんの意見・コメント募集しています。

カテゴリ: フラッシュバック

FC東京 対 アルビレックス新潟の試合で、話題になった判定がありました。
いわゆる「6秒ルール」というやつです。
滅多に適用されないのに何故か皆が知っているルールランキング1位だと思います。(適当)

経緯を説明すると、秋元がボールをキャッチします。そのままPA内をうろうろ。何秒か経ったところで主審の笛が鳴り、間接フリーキックとなります。ここでFC東京の選手が抗議をしますが、秋元がボールを素直に放したため、新潟はすぐにリスタートをし得点しました。
動画の方が分かりやすいでしょうか。ご覧ください。

如何でしょうか。


論点は2つでしょう。
①「6秒ルール」が適用されるべきだったのか
②新潟のクイックリスタートは認めらるべきだったのか


①「6秒ルール」が適用されるべきだったのか

まずは競技規則を確認してみましょう。

ゴールキーパーが自分のペナルテイーエリア内で、次の4項目の反則のいずれかを犯した場合、間接フリーキックが相手チームに与えられる。
●自分のものとしたボールを放すまでに、手で6秒を超えてコントロールする。

秋元がボールを手でコントロールしていた時間は10秒程度です。
これは立派な違反です。
ただ皆さん、よく7~8秒ボールを持っているのに違反をとられないGK見ませんか?
正直に言いますと、競技規則には多少緩い部分があります。
スローインの再開位置の例とか分かりやすいですかね。そんなにうるさくボールが出た地点からやらせませんよね。
7~8秒経っても笛を吹かないというのは、何らかの理由があってなんですけどね。例えばセービングで大きく飛んで着地した際や、前にFWが来てボールを放しづらい時なんかですね。
今回の秋元はキャッチしていつでも放せるようになってから10秒程経っている訳ですから、違反とされるには充分すぎますね。
勝ち負けや試合時間には関係なく取られるものだと思います。

②新潟のクイックリスタートは認められるべきだったのか

全くもって正当です。
違反が起きた地点から、静止したボールを蹴り、オンサイドの選手が蹴り込んだのでゴールです。
前から何度も言っていますが、FKは基本的に攻撃側に権利があります。
主審が笛を吹いて試合を停止させていないので、好きなタイミングで蹴ることができます。
レフェリーは得点の可能性が高い方法を選びますから、抗議があったからといって試合を止めるなんてことはありえません。


レフェリーをやっている者としての発言としてはどうかと思いますが、こういった場面ではイエローを貰ってでもクイックリスタートを阻止するべきだったと思います。
新潟の頭が良かったというよりは、東京の怠慢かなと。

それとゴール裏のおじさん、遅延行為と6秒一緒にしないでくれ。プレーの再開で6秒にしたら、サッカーはどちらのチームが早く没収試合にさせるかって競技になっちまうぜ。

スペアフット!とか難しい言葉を使って話そうと思ったのですが……
そこまでの必要はなさそうです。

pk
(都合上反転していますがご了承ください)

ボールに行ってるじゃん系かと思いきやそこまででもない様子。
タックルの目測を誤って、ボールに触れず相手のみにぶつかってしまったようです。
ショルダーチャージなら微妙だったかもしれませんが、ドリブルしている相手に横から突っ込んで転ばせてしまった形になっています。
妥当な判定ですね。反スポで警告でしょうか。


男女共に初戦からやられてしまいましたね。
男子は手の使い方がまずいようです。
修正できる点を早急に修正し、次の試合に向けて精進していただきたいところ。

収まったかと思いきやまた新た疑惑が?
もしかして時間過ぎていたかもしれないという疑惑です。
この試合だけでなく今後何試合も該当する試合がありそうなので、確認しておいてほしい事項です。
競技規則を読めばものすごく簡単な話です。

①ファウルの起こった時間
screenshotshare_20150716_082100
93分台ですので問題ありません。


②PKを決めた時間
screenshotshare_20150716_082139
95分過ぎてるじゃないか!
まあまあ落ち着いて競技規則を見てみましょう。

第14条 ペナルティーキック

前、後半の終了時および延長戦の前、後半の終了時に行うペナルティーキックのために、時間は延長される。

つまりはペナルティーキックの判定が下ったら、アディショナルタイムを過ぎていようがペナルティーキックが完了するまで前半や後半は終わらないのです。
この進め方は妥当といえます。

せっかくですから「45+6分」の謎についても説明いたしましょう。日本語版付録より。
アディショナルタイムが2分と表示されたら2:00~2:59までになるのはもちろん皆さんご存じのはずです。
ややこしいのはここから。
試合中のイベント(シュート・得点・警告退場・交代)は、2010年から秒切り上げに統一されました。
90:01~91:00ならば90+1の記録となります。
今回は95:24にゴールがありましたから記録は45+6(90+6)になるはずです。


ということで進め方に問題はなかったようです。
時間の問題は難しいですよね。私たちだけではとても伝えきれませんので、間違った認識をしている方がいましたらそっと伝えてあげてください。

昨日もまた話題になる判定が出ましたね。
東城さんのPKの判定。少し考えてみたいと思います。



問題のシーンは5:46から。
アクシデンタル的なものだから流してよかった。パトリックのファウルとすべきだった。などの意見もありますね。


①パトリックのプレーが危険な方法でのプレーかどうか
パトリックは高く足を上げています。
しかし競技規則にはこんな記載が。
この反則は、近くにいる相手競技者が負傷を恐れてプレーできないようにすることである。
この場面ではGKの選手も突進しています。避ける様子も、頭を守る様子も、怯えてスピードを落とすことも見られません。たとえパトリックが足を上げていなくても、同じようにプレーしていたはず。
それにパトリックは足を高く上げながら突っ込んでいません。ギリギリのタイミングで、最低限の高さでボールをタッチしています。
GKには影響していないと私は考えます。


②ノーなのではないか
GKが先に触れていた場合を考えてみましょう。
パトリックがボールに触れずに、パンチングしたGKにアフターで突っ込んだら?そうなんです。ファウルなんです。
キーパーチャージの概念(そもそもPAなので適用外)もなくなった今、GKはFPとほぼ同様に扱われています。

GKがボールに触れていたらまた判定が変わってきたかもしれませんが。
今回はボールをプレーせずに、かわそうとしたパトリックに突っ込んだ形になってしまいました。




上記のことからジャッジは正しかったと考えます。(笛が遅かったのはちょっと不思議でしたが)
自信は……


一人で判断するよりは、もっと上級の方や他の方の意見や考え方を頂いた方が密度が濃くなり、結論に近づけそうです。
肯定だけでなく否定や追加や修正などどんな意見でも構いません!
コメントやTwitterでいつでもお待ちしております。

日課のサッカー動画漁りをしていたところ、ある動画にたどり着きました。


00:20からのシーン。
縦パスをトラップし損ねた南野はなんとかかわそうとします。
川崎も逃すまいと激しいチャージやタックルを仕掛けます。

ここで川崎ディフェンス(大島)が足を出したところ、南野の足がヒットしてしまいます。
(動画終盤で詳しくご覧になれます。)

そこで痛んだ(フリ?)大島に蹴りを入れ、起き上がってから掴みかかります。

当然、乱暴な行為で佐藤主審は退場を示します。
そんな当たり前にも見えるこの一連の処置。


このプレーで注目してほしいのが佐藤主審の位置・視線。
南野の足がヒットして両者が倒れた瞬間から、目を離していませんし、場所も離れていません。

次のプレーの予測や、近くでプレーを見ることに専念しすぎると見落としがちです。

普通であればノーファウルと判断したのですからプレーに近づくし、視線は次のプレーにいくところですが……

・南野が直前で激しいディフェンスを受けいらだっていること
・(相手が)痛がっていることでさらにイライラしているはず
・南野がすぐに次のプレーに反応していないこと

などを考慮し視線を切らさなかったのだと思います。
やはりPR・国際主審は私とは違いますなあw

きちんと見ていたことですぐに仲裁に入れましたし、懲戒罰も与えられました。
(重要事項の報告も書きやすいかも?)

見ていなければ、どうなっていたか……
Jリーグで活躍されている方なんかは適切に処置できると思いますが。
副審が各チーム1人ずつで打ち合わせもできない、こともある下のカテゴリーでは、副審がラインのキープに夢中で見ていなかった・4審は交代の手続きをしていたなんてことも起こります。

最悪の場合殴られて怪我なんてケースも。(妄想が膨らみすぎかも)


目の前のプレーだけでなく、様々な情報を処理し観察することが大切なんだなあ……と思ったお話でした。




↑このページのトップヘ