LAWSの森

レフェリー目線からサッカーを考えるブログ。 上級・ベテランさんの意見・コメント募集しています。

カテゴリ: その他レフェリーネタ

副審は主審と違って、いつでも忙しなく動いている訳ではありません。
主審と違って身体の一部ではないフラッグを使います。
だからこそ、姿勢や身体の使い方が目立ってきます。

オフサイドの判定によって副審の説得力を感じられるかといえば、そうではないと思います。見てて信頼できるかどうか、それは姿勢にかかっています。


1.移動は原則サイドステップ!
そのままです。多少速い展開でも、サイドステップで移動できるようにしておきましょう。常にフロントステップで走っていると細かいボールの移動に対応できずオーバーランしてしまいます。
サイドステップからフロントの動作に移り変わるときはステップオーバーで。右に走り出すなら右足をまたいで一歩目を左足から踏み出しましょう!

2.フラッグは原則左手!
フロントで走るときはフィールドに面した方の手で持ちますが、サイドステップの時は左手で持ちましょう。右利きだと右手で持ってしまいがちですよ。

3.腕の使い方を意識しろ!
先ほど「身体の一部ではないフラッグ」と申し上げましたが、頭から記憶を消し去ってください。フラッグは身体の一部です。
腕の付け根からフラッグの先端まで一直線を意識してください。人差し指を伸ばしてフラッグを持つと直線になりやすいですよ。
ゴールキックのシグナルの角度は意外と水平になっていないものです。目線の高さに手首の位置を持ってきてしまいがちなので、一度シグナルをチェックしてみてください。

4.体幹を意識しろ!
立っているだけで汗が噴き出るような真夏。自分ではない方のエンドでCKが連続していたらどうしてもダラ~としてしまいますよね。
そこを意識して改善!常に誰かから見られていることを忘れずに。
タッチジャッジの際も、ボールを目で追っていたり、ライン上に目を置いていると屈んで、くの字のような格好になることがあります。常に気をつけの姿勢で!

5.落ち着け!
副審は際どいジャッジが多いものです。張り切って動作が速くなってしまったり、焦ってタイミングが早すぎになってしまいます。
髪の毛を整えてから鏡を見るくらいの気持ちでやりましょう!(本当に気持ちだけですよ!)


これだけマスターしておけばアセッサーがいい評価を付けざるを得なくなる?かも?

こんな記事の中ではございますが、今回の震災の被害にあわれた方々にお見舞い申し上げます。
本当に一個人として微力ではありますが、少しでも助けになれることができればなと思っています。


さてそれでは本題へ。
サッカーという競技には、多くの再開方法があります。
スローイン、ゴールキック、コーナーキック、フリーキック、ペナルティーキック、ドロップボール。
全て再開方法でありますが、意外と違う点があったりするんですね。

では、まず実際にあったこんな例から話しましょうか。
Aチームがゴール前に侵入したところ、守備側Bチームの競技者がファウル。
人数が足りず危険と思ったのか、Bチームの競技者がボールの前に立って動きません。彼らは「レフェリー!笛!笛で止めて!」と叫ぶのでありました。

笛で試合を止めるのは守備側の権利ではありません。
守備側は速やかに9.15m離れなければなりません。笛で簡単に試合を止めさせてしまうと、ファウルした方が得になってしまいますね。
攻撃側のクイックリスタートを保障するため、笛で止めず声やジェスチャーだけで下がらせることもあります。
声だけで下がらせているときに攻撃側がクイックリスタートしていても続けさせましょう。守備側から不満の声があがると思いますが、もともと離れていないのが悪いのでスルー。
壁を作るときは7mくらいのやや近いと感じる距離くらいに立ちましょう。かなりの確率で停止します。
基本的な事項として覚えておいてほしいのは、フリーキックは反則によって起きるもので、ファウルを受けた側の権利が優先されるということです。


それに対しスローイン・コーナーキック・ゴールキック・ドロップボールは、基本的にフェアなプレーの下で起こったことに対する再開です。
つまり、ずる賢いプレーがあまり認められません。
もちろん距離の規定はありますが、それ以外は五分五分になっている気がします。


松崎康弘さん著「ポジティブ・レフェリング」にもありますが、大きく違うのは終了時ではないでしょうか。(再開じゃねえだろ!)
ペナルティーキックは終了するまで試合を終える、またはハーフタイムに入ってはならないと記載されています。
FKに関してそのような記述は見られませんが、一般的には(特にゴール前)FK時に終了はさせません。ファウルに対する、悪く言うと「仕返し」ができなくなってしまうからです。
CKなどは確かに得点の確率でいえば高いですが、何の反則も犯していないわけですから時間になったら笛を吹くべきです。

CK蹴らせてもらえなかったら「ええー」って気持ちになりますが、仕方ないんです……。そこで時間を延ばしてまでCKを蹴らせて得点になったらもっと厄介ですから。
ご理解をよろしくお願いいたします。


お久しぶりになってしまいましたね。
考えていることはたくさんあるのですが……
怪我もありまだ割り当てが受けられない状態です。明日から本気出します。

それでは本題へ。
本日のJ3リーグで起こった岩下選手の退場シーンです。
ボールに触れようとしましたがセレッソの選手が先に触り、空振りをして勢い余って顔にヒット。
これに対し、「故意ではないからレッドではない」なんて声も。


もちろん意図していない場合に事故として流される場合もあります。
例えばお互い空中のボールを見て移動している際に交錯し片方が倒れたとしても、ファウルを取られる可能性は低いと思います。
これはお互いが悪い、と言っては何ですが、お互いに対等なミスをしています。

しかし、片方がボールをプレーできている中で、もう片方のミスが起きた場合はファウルを取るあるいは懲戒罰が必要になると私は考えています。
例えばスリップして倒れて、相手をトリップしてしまった場合です。
止まり切れなくてアフターで突っ込んだらイエローかもしれないし、競り合いで精一杯腕をあげて肘が入ってしまったらレッドかもしれません。

今回のケースはボールにチャレンジしようとしていたのでしょうが、全くボールにチャレンジできておらず、結果的に相手の顔の近くに足の裏が入ってしまいました。
配慮であったり、回避行動があれば軽く済んだでしょうね……

今日の記事は信憑性がないというかなんというか……
競技規則や協会からも解説はありません。どこかのブログでこの話題見たことある気がするのですが……
もしかしたら丸被りになったり、反逆的な内容になるかもw
今後、当ブログをご覧いただく上で理解しておいてもらえると幸いです。

それでは本題へ。
皆さんはタイトルを見てどう感じたでしょうか。頭に図や実例は思い浮かびましたか?


私の考えはこうです。(断言するような書き方をしますが、あくまで個人の考えです!)

①オフサイド
ボールおよび後方から2人目の相手競技者より相手競技者のゴールラインに近いポジションにいる状態を指します。恐らく、後述のオフサイドと区別をつけるためにオフサイドポジションと呼ぶでしょう。
単純にオフサイドポジションにいることです。

②オンサイド
オフサイドポジションにいないことです。

上記2つは場所だけを指す言葉です。
画像で判断できるものです。

③オフサイド
こちらは結果を表す言葉。
オフサイドポジションにいた選手が、プレーに干渉した、相手競技者に干渉した、その位置にいることによって利益を得た場合に罰せられます。
反則です。

④ノットオフサイド
こちらも結果を表す言葉。
オンサイドの場合はもちろんノットオフサイド。
新解釈の場合(守備側のセーブを除く意図的なプレー)は、オフサイドポジションにいてもノットオフサイドとなります。
オンサイドではなくてもノットオフサイドにはなり得るということです。


なんとなくでも分かっていただけましたかね?
①のオフサイドは、無視でも構いません。オフサイドポジションって名前がありますからね。
オンサイドとノットオフサイドの違いは私の中では上記の感じです。

言葉を使い分けることによって、映像・画像がなくてもイメージがしやすいと思うんです。
今後も、少なくとも当ブログはこのように使っていきます。

こちらのまつさんの記事もどうぞ。
FC東京紀行記と審判奮闘記-2nd Stage第16節 vs柏レイソル戦より… 

もう皆さん、タイトルでお気づきですよね。
広島・佐藤寿人の警告についてです。
警告1つで記事書くなんて滅多にないんですけどねw

「出来れば一生貰わずに…」 6年ぶりイエローカードに寿人も悔しさいっぱい -ゲキサカ

これで193試合の無警告の記録が途絶えてしまいました。
コメントからすると本人はイエローカードに納得いっていない様子。





先に落下点に入った選手に対し、後ろから接触。
ボールをプレーできていませんし、アフターです。
空中での接触の危険性を含めてのイエローカードかな、と。


ただやはり佐藤寿人は佐藤寿人で、試合中の態度は大人でしたね。
抗議もせず、相手選手へのリスペクトを欠かしませんでした。

もしかしたら広島のサポーターは不満なのでは……
と思い、Twitterなんかで検索しても全くそんなことは無く「仕方ない。次からまた頑張れ!」や、「6年ぶりか。寿人すごいな」といった声がほとんどで、疑いを持った自分が情けなく思います。
広島サポーターの方、すみませんでした。

こういう選手が一人いると、チームメイトやサポーターまで浸透できて良いですね。
「子供のお手本になりたい」とおっしゃっていましたが、まさにお手本にしてほしい選手です。
どの選手もリスペクトの心を持てるようになるといいですね。

↑このページのトップヘ