LAWSの森

レフェリー目線からサッカーを考えるブログ。 上級・ベテランさんの意見・コメント募集しています。

カテゴリ: 参考になったシリーズ

本日行われた新潟-柏の試合から。



長いのでGIF化はいたしません……ご了承ください。
ゴールまで長い時間がかかったとはいえ、プレーの繋がりが大切なサッカーでは大変重要な意味があったと思います。

もっともっとこんなシーンが増えると良いですね!

またまた繋ぐためにこの企画を。
またまたプレミアリーグです。

villa

トラップミスを奪おうとした選手をトリップ(若干踏んでいますが)します。
こぼれたボールが繋がったのでアドバンテージを適用。Wait&Seeですね。
最終的には最初にファウルを受けた選手がゴールをしています。

TVのアングルで見るとスペースがよく見えますが、主審の目線からだと縦の距離感は把握しづらくなります。
その中でもナイスなアドバンテージでした!

ハワードウェブってやはり説得力のある男だと感じた動画を紹介。


まずは最初のシーン。
ボールを奪うというより、邪魔をする目的でのチャージに思えます。ファウル認定。

そのフリーキックからゴール!
と思いきやオフサイド。副審もナイスジャッジですしその後のウェブの対応も毅然としていてグッドです。

映像が切り替わってカウンターのシーン。
ハーフウェーライン手前でファウルがありましたが、アドバンテージ適用。
ペナルティーエリア内に進入してフィニッシュの後に強い笛が鳴ります。選手たちも観客たちも実況も大分遅れて気づいたみたいですね。
アフターのファウルを取ったみたいです。スライディングした後に上がった足が影響したと見たのでしょう。
シュートブロックのためならどんなタックルでもある程度見逃される現実もある中、しっかりPKを取ってくれると頼もしいです。
まだボールがラインを割っていない状態でのプレーだったのでファウルとなります。
カウンターでも付いていってPA境界線で見てくれると説得力がありますね。

またまたプレミアリーグから。
とにかく素晴らしいゴールですが、どれだけ素晴らしくても笛が吹かれてしまえばそこでお終い。
見えたファウルに対して笛を吹くだけではないレフェリーの仕事。


こちらのゴール。
wiriann3
思わず声が出てしまいそうなゴール。

wiriann2
うぃりあん1

なんとなく流れで入ってしまったのではなく、しっかりアドバンテージをコールしています。
素晴らしいゴールに素晴らしいレフェリーあり。

↑このページのトップヘ