4月7日(日)未明より、吹き荒れた暴風雨で、当農園の小さなビニールハウス2棟が被害に遭いました。天井のビニールは吹っ飛び、一部パイプも変形しました。今回は、ごく限定的に暴風が吹き荒れました。富良野岳方面から吹き降ろす強い風により、その通り道周辺のビニールハウスは、軒並み被害に遭いました。メロンのハウスでは、一部定植をしたハウスも有り、また、風に押し倒されてパイプがほとんどつぶされた状態になったものなど、被害は甚大でした。水稲の苗のハウスも多くあり、ほぼ全滅のところもありました。古い建物の屋根が吹っ飛んだり、倉庫のシャッターがめちゃめちゃになったり、自然の力をまざまざと見せつけられた暴風でした。これだけ強い風が吹くのは初めてではないかと思います。当農園では、翌日、去年使用したビニールを使ってパイプの修理とビニール張をしました。ハウスの中には、玉ねぎの苗、にんじん、レタス、白かぶなどがありましたが、少し葉が傷んだ程度の被害でした。
KC4A0026KC4A0027KC4A0031KC4A0028KC4A0029KC4A0030KC4A0032