キーレスカメラとは

  最近よく『キーレスカメラ』という言葉を耳にします。 キーレスカメラとは小型のカメラのことで、その見た目は車のキー(遠隔操作をするリモコンキー)と似ていて、一瞬見ただけではカメラだなんてとても思えない代物なんです。

 充電方法は一般的にUSBケーブルを使ってパソコンに繋いで行うようになっていて、撮影した写真や動画もこのケーブルを通してパソコンで再生できます。 マイクロSDカードなどを装着して保存するようになっているものは、専用のアダプター(マイクロSDカードを装着して、SDカードのサイズにできる)を使って、直接パソコンに差し込む方法もあります。

 普通に使う分には小型で持ち運びもしやすく便利ですが、そのカメラとはわからない見た目ゆえ、犯罪に使われることもあるかもしれません。 こういった便利なものは、良い面と悪い面が必ず相反して存在しますので、使う側はモラルをきちんと守って頂きたいと思います。


オススメのキーレスカメラ



【小型カメラ】キーレス型スパイカメラ スパイダーズX-A265(McroSDカード外付タイプ) 暗視補正機能付

【小型カメラ】キーレス型スパイカ
メラ スパイダーズX-A26…

¥14,920(税込)

◎2012年、実用アイテムのさらなる性能向上を追求。◎スパイダーズXが始める画質新革新!●暗視補正機能搭載オススメのキーレス型に待望の暗視補正機能を装備し、暗い場所で撮影が可能に。●実用機能改良シガーソケット充電器付属で、自動車でもらくらく充電可能です。

拡大画像を見る
【小型カメラ】キーレス型スパイカメラ スパイダーズX-A265(McroSDカード外付タイプ) 暗視補正機能付【小型カメラ】キーレス型スパイカメラ スパイダーズX-A265(McroSDカード外付タイプ) 暗視補正機能付をカートに入れる


【小型カメラ】キーレス型スパイカメラ(スパイダーズX-A220)1200万画素/32GB対応

【小型カメラ】キーレス型スパイカ
メラ(スパイダーズX-A22…

¥6,980(税込)

★待望のスパイダーズシリーズより待望のキーレスシリーズが登場!!◎絶対人気のキーレス型に写真撮影1200万画素を装備◎さらに薄く軽量化に成功(厚み約11mm、重さ約19g)◎USB接続部分にはオリジナルの特製保護キャップを付属しました。

拡大画像を見る
【小型カメラ】キーレス型スパイカメラ(スパイダーズX-A220)1200万画素/32GB対応【小型カメラ】キーレス型スパイカメラ(スパイダーズX-A220)1200万画素/32GB対応をカートに入れる


【小型カメラ】暗視補正機能付キーレス型スパイカメラ(スパイダーズX-A260)1200万画素/16GBメモリ内蔵

【小型カメラ】暗視補正機能付キー
レス型スパイカメラ(スパイダ…

¥16,800(税込)

★SPYDERSX待望の2012年モデル続々新登場!追従を許さぬクオリティー★★人気のキーレスタイプに暗視補正機能を装備★◎2012年、実用機能性のさらなる進化を。・これは凄いぞ、人気のキーレス型に待望の暗視補正機能を搭載!

拡大画像を見る
【小型カメラ】暗視補正機能付キーレス型スパイカメラ(スパイダーズX-A260)1200万画素/16GBメモリ内蔵【小型カメラ】暗視補正機能付キーレス型スパイカメラ(スパイダーズX-A260)1200万画素/16GBメモリ内蔵をカートに入れる



人気のデジタルカメラを持って出かけよう

 最近ではキーレスカメラなどの小型デジタルカメラの性能もよくなってカメラで写真を撮ることが趣味という方も増えてきているのではないでしょうか。一昔前ですと趣味でカメラを持っているというとかなりの趣味人という印象がありましたがいまではそんなことを感じさせないぐらいカメラが普及しています。

 携帯電話やスマートフォンにもカメラ機能が付いていますしちょっとよい写真を取るにもコンパクトなデジタルカメラがあれば、手持ちのバッグやズボンのポケットにでも忍ばせておき、どこでも写真を撮影できるとっても便利な時代になりました。

 そういったこともあり観光や旅行などに限らず普段からデジタルカメラを持ち歩いているという方も多くおられるのではないでしょうか。そうすることで街の何げない風景を撮影していき、ご自分だけの思い出作りや、フォトアルバムを作成してインターネットで公開することはもちろん、同じような風景や建物を撮影するという趣味趣向の人との対話を楽しむことができます。


最近のキーレスカメラ等の傾向や特徴

 デジタルカメラは、今ではすっかり世の中に普及しました。専用機だけでなく、携帯電話やスマートフォン、タブレット型端末などに付属しているデジタルカメラ機能も含めると、膨大の数になると思います。もはや当たり前のように身の回りにあふれています。

 そんなデジタルカメラですが、初期の機種はいろいろと問題がありました。まず当時はCCDのコストも高く、それほど高い画素数のものがまだ存在していなかったため、撮れる写真の品質はそれほど高くありませんでした。

 またカメラ自体のサイズもいまのようなコンパクトなものではなく、かなり大きなものでした。さらには、フラッシュメモリも現在のように安くて高容量のものがなく、すぐに一杯になってしまうため、メモリーカードを何枚も買って準備しておかなければなりませんでした。

 しかし、なんといっても最大の問題はバッテリーでした。リチャージャブルバッテリーの容量が小さく、せっかくフルに充電しても、わずか20分ほどで切れてしまっていました。外で使う場合には非常に不便でした。当時に比べると、現在販売されているデジタルカメラは信じられないほど、高機能かつ高性能で本当に便利になったと改めて思います。


動画を撮影できるものもある

 本格的な動画を撮るにはデジタルビデオカメラのほうがいいですが、キーレス型カメラなどの小型デジタルカメラでも動画を撮れるモードがついていることが多いのでせっかくなので使ってみるのもいいと思います。

 デジカメでの動画はどうしても画質が劣りますが、動画でとっておいたほうがいいと思ったときに手軽にモードを切り替えて撮れるところが便利です。動物の面白い動きの瞬間などは静止画像ではどうしても伝わらないときなど是非動画で撮影することをお勧めします。

 また、展望台などの景色もパノラマ機能があれば静止画で撮ることもできますが、動画で360度カメラのレンズを移動させて回転しながら一周して撮るのもパノラマ以上に全景が楽しめます。

 乗り物に乗っているときも車窓からの風景を撮るのもいいのではないでしょうか。私自身も海外旅行で列車に乗ったときにデジカメで撮影して、世界の車窓からというテレビ番組の真似事をして楽しみました。せっかく機能として動画撮影ができるのでデジルカメラでも積極的に使って見るのもいいと思います。