2016年09月

とろける杏仁豆腐はとっても美味しかった。最近はミルクっぽいのが増えて好みなんだ~。あいつはプリンを一口食べて顔をしかめている。美貌の男とチョコレートプリンパフェ…。ぐふふふめちゃ笑える!皆デザートを食べながら盗み見ている。ミスマッチ過ぎて笑えるもんね。珍 ...

企画部と社内アンケートでピックアップした案を見ていた。集まった無数の案からめぼしい物を集め、会議用にまとめる。秘書達にまとめさせているとはいえ、大型プロジェクトの基礎となるものだ。何日もこれに費やされた。目をひく案件の企画者の名前。牧野つくし。俺の恋人の ...

皆テーブル越しにお互いの顔を見た。モグモグと、全員の口が動いている。ん?誰も…。「激辛じゃない人、手を上げて下さい。」全員があげた。えっ?お互いの顔を見た。「おかしいな、入ってなかったのかな。」田尾さんが部屋を出ていく。つくしはホッとした。これ、普通の餃 ...

「副社長、お飲み物は何になさいますか?」「…同じで。」おーい、声が低くなってますよ!皆さん結構飲んでるので、微妙さに気付いてないみたい。西田さんと目を合わせ、軽く二人で頷いた。「はい、おつぎしますよ。副社長、さぁ飲んで飲んで!」こうなりゃ酔わせて誤魔化そ ...

西田以外はほぼ視界にも入れない美貌の御曹司が、オーダーメイドのスーツのポケットに手を入れたまま入口に立っている。 「ふ、副社長…」まだ皆口が開いたままだった。西田が御曹司の後ろから顔を出し、皆がハッとする。「遅くなりました。副社長もぜひこの機会に皆を労い ...

「バス?サービスエリアにバスかね?」誰かが声をあげた。隣のいけすかない男が、プッと笑う。「ショッピングや食事に行く人は皆が車で行くわけではありません。バスや地下鉄、電車を利用します。」まぁ確かに…呟きが聞こえた。「車を持たない人も、車で行きたくない人も、 ...

「はぁ~」給湯室で首をぐるっと回していると、山口さんが笑いながら入ってきた。「朝からバタバタだったわね。」「あ、はい!」思わず姿勢を正す。魔女が会議に出席すると連絡があり、会議の人数も倍に増やす事が急遽決まり会議室の手配や資料作りに追われた。今週は社内で ...

「はぁあ!?」「ええ、ですから牧野様はスーツを作られた後バスで帰られ…」「迎えは来てたんだろう?」「もちろんです。ただお忘れだったようで…」司は大きなため息をついた。東京近郊を何ヵ所かヘリで視察した後、東京に戻ったばかりだった。「よりによって寝てるだと? ...

はっ!と起きた。え?ここどこ?思わずキョロキョロする私。外は真っ暗だった。時間を見てギョッとする。バスも都内の中心を回るのではなかったから、見慣れない風景に青くなった。 と、とりあえず降りよう。帰りを調べなきゃ!降車ボタンを押し、私の他にも二人の男女が降 ...

バスの中で立っていると、体格のいい男性からここ空いてますよと言われペコッと頭を下げて座った。(まさか私お腹でてる?)助かった。ちょっと左腕が痛くて。左腕が痺れたような感じがして腕を擦る。無理は禁物だね。今日は買い出しは止めておこう。初出勤はやっぱり気が張っ ...

このページのトップヘ