2017年10月

「…何でこんなに進まねぇんだ。」手元の書類をずっと読んでいたが、司は顔を上げた。周りの喧騒をシャットダウンする黒塗りのリムジンはいつもはバターのように滑らかに進む。なのに今日は違った。「司様、今日はハロウィンです。仮装パレードやイベントがあちこちであって ...

「へぇ〜!あの料亭帰りだったんですねぇ。」この店は路地裏にあり、広告も出していない。常連客は近所の住民ばかり。いわゆる流行りの店構えではない小さな(ボロっちい)店だ。何故このあたりにいたのかと疑問に思うのもわかる。「取引先との食事がこの先の店であったんだ ...

あれから3週間経った。普通、客商売なら「また来てください。」ぐらいは言わねぇか?「またどうぞ〜。」の一言でもあればよ。俺も…まぁ顔出すかもしれねぇ。あの女、これで厄介払いが出来たぐらいに思ってたよな。絶対そうだ、間違いねぇよ。そんなんで儲けれるのか?あの倒 ...

目が覚めた。どこだここは?一瞬パニックになった。視界に入るものは馴染みがないものばかり。だがすぐに女に気付く。鼻歌をうたいながらタオルを畳んでいる。そうだ。俺はここでマッサージを…。もしかして寝てたのか?こんな所で無防備に?マジかよ。ゆっくり起き上がると ...

「はい、上着脱いでくださーい。」「おい!俺はスケジュール詰まってるんだ。そんな時間ねぇよ。」「またまた〜。男の人って結構恥ずかしがるんだよね。」「嘘じゃねぇって!西田!」小さな玄関で靴を脱ぎ(引っ張られて脱げたともいう)ひんやりとしたフローリングに置かれ ...

リムジンのドアが開いた。いつものように滑り込もうとする。が。司はドアの前に立ち止まった。ふと、手に持った白いタオルに目がいく。普段の自分が使うものとはまるで違い、同じタオルとは思えないほど薄くてごわついている。なのに何故かさっきは不快ではなかった。「…こ ...

皆様、こんばんはきらっちです(^^)屋鳥の愛 始まりましたが、今 出張中です(笑)九州内だから移動もそんなに…。萌えんわ〜やっぱり飛行機がいい〜空港大好き♫行き先が丸の内、世田谷だと更に楽しいんだけどな(-_-)新しいみおつくメンバーさんも、常連さんも遊びに来てく ...

「いやぁ、道明寺さんと話が出来て良かったよ。」「こちらこそ。本日はありがとうございました。」儀礼的な微笑みを浮かべる。会食が和やかに終わったからだろう。相手はご機嫌な笑い声を上げながら車に乗り込んでいく。黒塗りの車が走り去るまで、司はじっと見つめていた。 ...

 「なぁ?」「…んう。あ…、寝てた。」へへ、あったかい。ふかふかなベッドで道明寺に抱きしめられている。こんな幸せあるかな。だから早く寝せてくれ。「眠い、んだけど。」「わかってる。くっくっ…お前白目になってたぞ。」つくしの力ないパンチが笑う司に当たった。華 ...

この記事は大人な表現を含みます。18歳以上で、責任が取れる方のみどうぞ。※パスワードについてお知りになりたい方はカテゴリーのパスワードについて をお読み下さい。  メープルの最上階スイートルーム。そのベッドルームは睦み合ったあとの熱気が篭っていた。私の身体に ...

このページのトップヘ