カテゴリ:T4 > チーズケーキとおっさんドリンク

…あー。頭が痛い。喉がかわいた。朝日が目にしみる携帯のアラームが鳴って、思ったことはそれだった。ぼんやりとした頭で周りを見渡すと、徐々にこの状況が分かってきた。「桜子、滋さん、優紀起きて」ダルい体を気力で動かし、皆を揺すったりペシペシ叩いたり。皆からは、 ...

おばあさまが皆にお礼を言い、これからも桜子と仲良くしてやってくれ と一人一人の手を握り私室に戻られた。結局、皆泊まることになった。滋さんがパジャマパーティーをしたい!と言い出したから。私の部屋に3人を通すと、部屋に入れて貰った今日の戦利品にすっとんで行った ...

「は?」 玄関に入ると奥から楽しそうな声が聞こえてきた。「お嬢様ったら、お友達はもう30分以上もお待ちなんですよ」 絹さんが 急いで、急いでと手をひく。リビングに入って、ポカンと口を開ける。「おかえりぃ~!桜子!遅かったじゃん」「桜子さん、お邪魔してます」  ...

新しい携帯を買い行きつけのデパートへ向かった。外商を引き連れて手当たり次第買いまくる。「新作?じゃあそれも。」 「飾ってあるのも…そう、それも入れて。」着るか着ないかわからないものも、とりあえず目についたものを買う。値段なんか見ない。買っても買ってもムシ ...

思えば今日は朝からツイてなかった。 後で飲もうと置いていたグラスが倒れシャワーから出てきたら、携帯が水浸しになっていた。慌ててバッテリー抜いたけどもうアウト。 学校はいつも通りだった。女子は私を空気みたいに振る舞い男子は機会があれば冷やかす。(俺はカッコイ ...

「牧野さん、これお客様から頂いたの。良かったら持って帰って~」 バイト先の団子屋で 、おかみさんから受け取ったのはケーキの箱だった。…ここは団子屋なのに、ケーキ貰ったの?頭の中ではてなが浮かんでいると気付いたようにおかみさんが苦笑した。「お得意様への訪問に ...

このページのトップヘ