カテゴリ: 始まりは、雨

この記事は大人な表現を含みます。18歳以上で、責任が取れる方のみどうぞ。※パスワードについてお知りになりたい方はカテゴリーのパスワードについて をお読み下さい。カンカンカンカン総支配人が非常階段を急いで駆け下りていた。メープルでは常に非常階段にも監視が付いて ...

この記事は大人な表現を含みます。18歳以上で、責任が取れる方のみどうぞ。※パスワードについてお知りになりたい方はカテゴリーのパスワードについて をお読み下さい。ワンピースの中に道明寺が顔を突っ込んでいる。これだけでも赤面ものなのに、この男から満足げな…小さな ...

一本早い電車で帰ってきた。指定が取れずに自由席だったけど、窓際に座れて景色も楽しめた。隣も感じのいい女性だったしね。つくしがウトウトしていた時も、切符が見えたので と起こしてくれた。お礼にお土産からヨーグルトドリンクを渡すとすごく恐縮していたっけ。「あー ...

「……何か?」 髪を後ろに流し、綺麗な額を出した美しい顔。全てを持っていると言われる男を令嬢がうっとりと見上げた。美人と言われ慣れている令嬢を見ても、御曹司の顔には何の表情もない。令嬢は胸を前に突出すようにして長身に寄り添った。長いまつ毛は完璧なカールを ...

「牧野様、お出かけです。」「了解。」警護チームは、アパートを出て来た女性にいつも通り護衛を始めた。人数は2人。怪しまれないよう少人数、私服で後ろを歩いていく。警護対象者は黒のコンパクトなTシャツ、ベージュのロングスカート黒のスニーカー姿で家を出て来た。モノ ...

「道明寺さん!」あるパーティー会場で司は名前を呼ばれ立ち止まった。今日は取引先からぜひ、と誘いを受けた創立記念パーティー。完璧な礼儀を通していたのでゆっくりと振り返り自分の名前を呼んだ相手に顔を向けた。普段から、司に気軽に声を掛ける人はいない。移動はSPに ...

『…西田、あれが欲しい。』道明寺財閥 御曹司の有名な懐刀が顔を上げた。『何て劇だったか…。』『劇と申しますと、』『ちょっと前のパーティーの席でガキ達が何かしてただろ。マントみたいの着てよ。』優秀な秘書はすぐにピンときた。『分かりました、チャリティーイベン ...

「…蕎麦。」自分と向き合う瞬間。「そう、お蕎麦にしよ。」休んだ分の仕事を片付けて、ぐーぐーなるお腹を押さえながらバスを降りた。向かうは商店街の中にあるお蕎麦やさん。頭の中はメニューでいっぱいだ。天ぷらそば…いや、かけそばに天丼セットでいく?カツカレー丼も ...

手を繋いで庭を歩く。粘り強い(ねちっこ…しつこいともいう。) この男がどうしても一緒に花を見たいと言ったから。しかも水撒きしたのに、俺もしたいと駄々をこねやが…ります。(ホホ、失礼!)時間が違うだけで庭も変わって見えるんだなぁ。紫陽花も水滴が浮かんで、とても美 ...

ピピピッ。つくしが 体温計を見ながら眉を潜めた。「ほら。37.8だよ。微熱超えてんじゃん。」「大したことねーよ。」「ダメ、寝とくの!」キングサイズのベッドに寝ていた司は起き上がろうとしつこい。少しハスキーな声でお願いされても聞き入れないわよ。腰に手をあて仁王立 ...

このページのトップヘ