カテゴリ: T4

※このお話は、【チーズケーキとおっさんドリンク】の番外編です。4人は着替えを済ませ女子に人気のカフェでパフェを食べながら慰労会を行っていた。食べ終わったテーブルの上に例の4体のクマが並んでいる。「じゃあ、優紀さんからですね」 優紀はニコニコと、水色のクマを ...

※このお話は【チーズケーキとおっさんドリンク】の番外編です。滋は「私負けたかも…」 と呟き桜子は呼吸困難におちいり、優紀は「小学校の時より上手くなってる」 と拍手していた。つくしは一生懸命、音楽に合わせて下がっていた。いやムーンウォークをしていたのだ。マイ ...

※このお話は【チーズケーキとおっさんドリンク】 の番外編です。勝負が始まった。幕が上がり、クラシック音楽が聞こえてきた。 「あ、これ知ってる!よく聞くよね、これ」 最前列のど真ん中に、残りの3人が座っている。ヘアメイクもばっちりキメて真っ白な衣装にトゥシュ ...

※このお話は【チーズケーキとおっさんドリンク】 の番外編です。日曜日の午後1時。優紀と私は あるホールの前にいた。“○○ってとこに集合!荷物は土曜日の夜にそれぞれの自宅に大河原の物が取りにいくから渡して。会場に直接運ぶから中身は見ないからね”土曜日のバイト終 ...

※このお話は 【チーズケーキとおっさんドリンク】の番外編です。「「「  …せーの!  」」」4体のクマが並んでいるが、3人が指を指したのは水色のドレスを着たクマだった。学校帰り、バイトがない日に桜子の家にお邪魔して皆でお茶を飲んでいると桜子がクマのキーホルダ ...

…あー。頭が痛い。喉がかわいた。朝日が目にしみる携帯のアラームが鳴って、思ったことはそれだった。ぼんやりとした頭で周りを見渡すと、徐々にこの状況が分かってきた。「桜子、滋さん、優紀起きて」ダルい体を気力で動かし、皆を揺すったりペシペシ叩いたり。皆からは、 ...

おばあさまが皆にお礼を言い、これからも桜子と仲良くしてやってくれ と一人一人の手を握り私室に戻られた。結局、皆泊まることになった。滋さんがパジャマパーティーをしたい!と言い出したから。私の部屋に3人を通すと、部屋に入れて貰った今日の戦利品にすっとんで行った ...

「は?」 玄関に入ると奥から楽しそうな声が聞こえてきた。「お嬢様ったら、お友達はもう30分以上もお待ちなんですよ」 絹さんが 急いで、急いでと手をひく。リビングに入って、ポカンと口を開ける。「おかえりぃ~!桜子!遅かったじゃん」「桜子さん、お邪魔してます」  ...

新しい携帯を買い行きつけのデパートへ向かった。外商を引き連れて手当たり次第買いまくる。「新作?じゃあそれも。」 「飾ってあるのも…そう、それも入れて。」着るか着ないかわからないものも、とりあえず目についたものを買う。値段なんか見ない。買っても買ってもムシ ...

思えば今日は朝からツイてなかった。 後で飲もうと置いていたグラスが倒れシャワーから出てきたら、携帯が水浸しになっていた。慌ててバッテリー抜いたけどもうアウト。 学校はいつも通りだった。女子は私を空気みたいに振る舞い男子は機会があれば冷やかす。(俺はカッコイ ...

このページのトップヘ