カテゴリ:人魚姫の恋 > 泡になる日

『…イヤだ。』超クールだと言われている男は、恋人からの別れて欲しいという願いを聞き入れなかった。『出来ない。』背けている横顔が何て美しいのだろう。色んなメディアや経済紙に絶賛されている男は、私の前ではいつも年相応にしか見えない。焼きもちやきで、心配性で、 ...

あいつは18歳から渡米した。4年間の遠距離になるはずだった私達。 だけどF3の根回しもあったりで、1年に一回会っていたの。はは、織姫と彦星みたいでしょ。私達は一年に一回、指輪をはめる。それが何を意味するかは…分かるよね?道明寺は大学に通いながら仕事、私は大学も ...

「どうした?お前が会いたいなんて、」「私さ。いつも待ってばっかりだったよね。」綺麗な男の嬉しそうな表情がハッとした。「私もね、今日あった事とか他愛もないお喋りを気軽にしたい日もあるんだよ。」「…ああ、悪い。俺が…」「忙しいのは分かってる。今日も数分でしょ ...

そんな目で見ないで。そんな顔しないでよ。いつかこうなる事は分かってたでしょう?誰も私達に未来があるなんて思っていなかった。…私も。思ったより早くその時が来ちゃったけど…しょうがない。しょうがないよ。そう自分に必死で言い聞かせてる。学校の中にいた時はね、あ ...

このページのトップヘ