皆さん、こんにちは。
気温もすっかり上がり、春というより
夏を感じる今日この頃、いかがお過ごしでしょうか。

暖かくなると、ライダーとしては
走りやすくて良いのですが、あまり気温が上がり過ぎると
逆に走るのが辛くなってしまいますf(^^;
とは言え、せっかく晴れているのに
バイクに乗らないのは勿体ない…
でもやっぱり暑いのは嫌だ…
というわけで…

IMG_5234copy

こんばんは!
昼間は暑くて走りづらいなら、日が落ちてから走れば良いじゃない!!
ということで、今回は久々のナイトツーリングです。
まぁ「ツーリング」というよりかは、「ご近所散歩」という感じですが(笑)
普段あまり都内を走ることが無いので、
軽い夜景撮影を兼ねて、ひとっ走りしてみようと思います。

そんなわけで、まず向かったのが

IMG_7796

こちらの東京ゲートブリッジです。
割と近くに羽田空港があるので、着陸する飛行機の
光跡と併せて撮影するのも面白い夜景スポットです。
ただ、今回はせっかくバイクで来ているので
愛車と絡めて写真を撮りたいと思います。

ですが普通に撮るだけでは代わり映えしないので、
今回はちょっと今までとは違ったアプローチで
撮影してみます。

IMG_5227copy

走っているバイクを撮る「流し撮り」はよく見ますが、
私は基本的にソロツーライダーなので、
私を撮ってくれる人もいなければ、
走っている姿を私に撮らせてくれる人もいません。
それならば、自分が走って見ている景色を
自分で撮ってやろうということで、出来上がったのがこの写真。
私が使っているEOS 80DはWi-Fi接続で、
スマホをリモコン代わりにして撮ることが出来るので
カメラを首から下げて、スマホのシャッターボタンを押すだけで
ライダー目線の写真が簡単に撮影出来ます。

…とは言うものの、どうもこちらの写真は平凡で面白みに欠けるので…

IMG_5236copy

今度はストラップの長さを調整し、
カメラを斜めにして撮ってみました。
う~ん…動きは出た気がするけど、画面の大半をバイクが占めるから
ちょっと周りの様子が分かりにくいかなぁ…





…などと、色々試行錯誤してみたのですが、
どうもこの場所は光量が少なく、色も基本的には白一色なので
あまり華やかにはなりません。
どうせ撮るなら、もっと明るく、様々な色が
入り乱れているような場所の方が綺麗に写りそう。
というわけで…





IMG_5248copy

撮影場所を秋葉原に移してみました。
所狭しと並んだ色とりどりの看板。
正直目がチカチカするレベルで喧しいですが、
どうせならこれくらいの方が撮りごたえがありそう。

IMG_5245copy

というわけで、早速一枚。
比較的看板の少ない場所で、感度はあまり上げずISO200、
シャッタースピードは長めの1/5秒、絞り値は
F8.0で撮ってみました。
そこそこ動きは感じられるけれど、ちょっと地味かなぁ…

IMG_5260copy

ということで、今度は進行方向を変え、
ごちゃごちゃした看板を写しこんでみたいと思います。
そう言えば、こうして信号待ちをしていて気づいたのですが、
今の秋葉原って本当に海外からの観光客が多いんですね。
あちこちから色々な国の言葉が飛び交ってきて
自分が今どの国にいるのか分からなくなりそうでしたよ(笑)

と、そうこうしているうちに信号が青になったのでスタート。

IMG_5261copy

今度は先ほどとは絞り値以外の設定を変え、ISO感度は800、
シャッタースピードは1/8秒となっています。
東京ゲートブリッジでの撮影ではISO1600で撮ったので
写真を拡大すると結構ザラつきが目立つのですが、
800くらいならまだ許容範囲かな…
写真自体の出来としては若干ブレてはいますが、
秋葉原らしいカラフルな看板は写しこめたので、まぁ良しとしましょう。

…まぁ普段なら完全に納得する写真が撮れるまで割と粘るのですが、
この走行写真を撮る場合
撮影場所まで走る→撮影する→
安全な場所に停車し、写真の出来を確認する→
出来次第でカメラの設定をいじる→撮影場所まで戻る…
という流れを繰り返す必要があるので、正直面倒なんです(笑)
また、夜の走行はリスクも高いですから、この辺りで撤収します。
機会があれば、また色々な夜景スポット巡りもしてみたいですね。



夜景撮影、ナイトツーリング大好き!!な方も
走るならやっぱり明るいうちかなぁ…というあなたも
是非ポチっと
br_decobanner_20110610010655にほんブログ村 バイクブログ 初心者ライダーへ
にほんブログ村 バイクブログ カワサキへ にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ
ちなみに
IMG_5190copy

明るさを求めすぎてシャッタースピードを遅くし過ぎると
こんな訳の分からない写真が撮れます(笑)