おでかけにっき

前ブログからのお引越しに伴い、画像の付いていない非公開の過去記事を手直しして順次公開中。。

三瓶町 須崎海岸 『ジオパーク』

ブログの再開に張り切っていたのも つかの間のことで
前回の更新から かる~く2か月超えをしてしまいました (゚ д゚ ;≡゚ д゚ ;)

まーーいつものことなので いつものように放置してた記事を
そろそろUPしてみたいと思います (; ̄▽ ̄A


えーーっと。

かれこれ前になりますが ジオパークという聞き慣れない言葉が取りざたされているころ
そのジオパークとやらが 西予市三瓶町にあるらしいよ!とゆーのを聞きつけ
さっそく見に行ってきました ( ̄▽ ̄)b


国道378号線から 離合が大変そうな細い道に入り
対向車におびえながら ぐんぐん登って行くとーー


P3217130

観音さまが祀られている 須崎観音駐車場に到着しました


P3217178

駐車場の場所から すぐそこに横たわっているのが『巴理島』。。

巴理島はクジラの形に似ていることから クジラ島と呼ばれているようですが
ここから見えるのは クジラの腹部辺りです

向こうに見えるのが 『地大島』 と 『大島』 で
ぽっかり浮かんでいる小さな島が 『貝付小島』 辺りかな??


P3217131

駐車場に車を停めて 今来た道を少しだけUターンした所に看板が立っていました

よーーく見ると 岩の顔に西予市のゆるキャラ西坊(せいぼう)を発見 Σd(≧∀≦O)


P3217132

看板の下には 海へと向かっておりる細い階段が続いています。。

はい。これで 『行きはヨイヨイ 帰りはコワい~』 のパターン決定ですね (つд-。) 
一抹の不安が頭をよぎりますが さあ勢いよく駆け降りましょう~ 


P3217133

だだだだーーーーーっと海辺まで下りてきました


P3217134

湾を挟んで向こうが明浜町~(σ ・∀・)σ

『ミツクリ島』 『小高島』 『高島』 が浮かんでいます


P3217135

コンクリの細い道が岩肌に沿って続いていますよ


P3217136

しかし このコンクリ道っていつごろ作られたんでしょうね

今まで 『ジオパーク』 って言葉を聞いたこともなかったし
ましてやこんな場所に そんなスゴイものがあるなんてまったく知りませんでしたよ

ちょろっと調べてみると
ジオ(Geo)とは地球や大地のことで 地球の公園 大地の公園を意味するのだそうです 

大地の遺産を保全し 大地の遺産を教育に役立て 大地の遺産を楽しむ b(・∇・〇)


P3217138

そう。

こんな4億年も前から ずーーーーっと続いているむき出しの地層を
こうして間近で観察することができるとゆーことなのですね


P3217139

ぱっと見 鬼の洗濯板のような ごつごつとした岩も
すぐそこにそびえたっています (o゚д゚o/)/


P3217142

とうとう 須崎海岸のメインとなる岩が見えてきました


コンクリの道を右に曲がると。。。


P3217143

うわーーーーーーーーーーーーっ (゚ д゚ ;≡゚ д゚ ;)))))


P3217144

そこには 4億年前の縦じまの地層の大岩が 
波の音の中 静かに鎮座していました

あまりにも圧巻すぎて 怖いくらいです ( ´Д` )゜。


P3217145

縦じまの岩石は 火山灰が固まってできた
『凝灰岩(ぎょうかいがん)』 というものらしいです


P3217154

この地層は 西予市城川町の黒瀬川構造帯の一部で 

もともとは水平だった地層が 地殻変動でこのような垂直の岩壁になったんですって


P3217146

目の前に迫る大岩を見上げながら歩いていると 細いコンクリ道から落っこちそうに (((◎Д◎)) ) )

海に どぼん!しないように気を付けてーー


P3217147

コンクリ道はここで行き止まり

大岩が 長い年月によって波に浸食されています


P3217148

4億年も前の縦の地層というのは 
日本では この須崎海岸だけでしか見られない貴重なものなのだそうです

4億年も前のことなんて あまりにも昔のことすぎて想像すら出来ませんが
ジオパークは見て触れて体感する価値あり!


帰り道の急な登りの階段は ゆっくり上がれば全然へっちゃらでしたーー(≧∀≦) 

久万高原町 『法蓮寺のしだれ桜』

4月7日月曜日のことです。。


P4077245

松山では もう桜が満開を迎えちらほらと散り始めている頃。。

このところの寒さで 久万高原町を見下ろす山には雪が! (o゚д゚o/)))


P4077246

桜が点在する国道380号線から 細い一本道を上り 
しだれ桜で有名な 『法蓮寺』にやってきました ( ̄▽ ̄)


P4077247

それは 今まさに
山門を見下ろすように咲き誇っていましたよ Σd(≧∀≦O)


P4077248

法蓮寺のしだれ桜は 
向こうの背の高い桜と 手前の桜の二本 ( ̄▽ ̄)b


P4077249

背の高い桜は 樹齢がおよそ160年

高さは8mもある大木です ( ̄^ ̄)ノ


P4077250

手前の桜は1985年に接ぎ木された まだ29歳の若い桜で
高さは約3m!


P4077252

背が低いので 桜の枝の先が地面まで届いてしまいそうです


P4077251

2本の桜は 境内いっぱいに咲き誇り 
それはそれは見事としかいいようがありません


P4077253

桜を見上げると。。


P4077254

湧き上がるような勢いです ∧∀☆)

今年は満開を迎えたのが4月の初めで その間に花散らしの雨も降り
だいぶ散ってしまったのではないかと 少し心配もしていましたが 
まだまだ十分間に合いました(≧∀≦) 

私のデジカメと腕のせいで 
淡いピンクのキレイな花びらが 薄曇りの空の色に交じってしまい 
まったく映えていないのが残念でなりません。。 (つд-。)


P4077255

8mもあるてっぺんは 
首をううーーーんと反らして見上げるほどの高さ ( ̄^ ̄)))


P4077256

あまりにも高くて しっかりと棒で支えてもらっています

昔 枝に積もった積雪に耐えきれず 折れてしまったこともあるのだそう


P4077257


P4077258


P4077259

まるで
淡いピンク色の滝が飛沫をあげて さらさらと降り注いでいるかのようです


P4077260


P4077261

夜には 10時までライトアップもされるそうです

幻想的な夜のしだれ桜は また違った美しさを魅せてくれそうですね
ファンデーション
最新コメント
記事検索
  • ライブドアブログ