892: 名無しの心子知らず 投稿日:2007/07/25(水) 21:53:33 ID:26Izt7ny
妊娠と同時に旦那の癌が発覚。
子供の顔を見るまでは…と頑張ってくれたんだけど、ちょっと間に合わなかった。

旦那がいなくなってしまってから、
ひとり必死で息子を育ててる。
もちろん息子はかわいい。息子の成長を毎日見れる私は幸せだって思う。


でも、電池が切れたみたいになんにもできなくなる時がいまだにある。 
弱い、とっても弱いカーチャンは天国のトーチャンのとこに行こうかなって思ってしまう。 
トーチャンが迎えに来てくれないかなって思ってしまう。 

先日、息子が一歳の誕生日を迎えた。 
いつも通りに保育園に息子を迎えに行き、家に帰り、郵便物を見てみるとかわいい封筒が2通。 
息子と私宛に。 

開いてみると旦那からだった。 

息子には 
「誕生日おめでとう!毎日笑顔でね!!元気にね!」 
と、短いメッセージが。 
それと、下手くそなニコニコ顔のアンパンマンの絵。 
あんまり下手くそだから笑ってしまった。 

私には、 
「○○もお母さん一歳だ!おめでとう!」 
と。 

来年も手紙届くかな? 
そう思うとこれから一年また頑張れる。 
旦那ありがとう。 
息子を立派に育ててみせるからね。 
時々でいいから私たちの事見ていてね。



893: 名無しの心子知らず 投稿日:2007/07/25(水) 22:17:39 ID:LwSrZLy0
>>892 
誰が投函してくれたんですか?



894: 名無しの心子知らず 投稿日:2007/07/25(水) 22:22:05 ID:30LFk9da
>>892 
ご主人が入院中に指定で手配したということかな 
なら泣けるね・・・ 
一人だとボウってなるときあるけど 
好きな人が応援してくれると不思議と頑張れるもんだよね



898: 名無しの心子知らず 投稿日:2007/07/25(水) 23:15:51 ID:UGTbODOj
>>892泣いた





http://peace.2ch.net/test/read.cgi/baby/1124464201/