273: おさかなくわえた名無しさん 2012/06/26(火) 14:38:31.52 ID:Ml/rNaPl
かなり以前の話だが、夏の暑い日の昼下がり・・・
わたしは自分家の前の道路で打ち水
(まぁホースで水を撒き散らしていただけだがww)していた

暑がっていた飼い犬に水をかけて遊んだりしながら、
小5の息子と遊んでそろそろ家の中に入るかなぁ・・
なんて考えていたときだった


うちの家の前の道路というのは幅4M弱くらいの私有道、
近所の人以外は車もめったに通らない 

そこへ自転車7-8台のガキんちょ軍団がやってきた 

うぜぇガキどもが、夏休みだからって
昼まからちゃりで群れやがって・・・ 
こんな細い道にはいってくんじゃね-とか思ったら、
やたらゆっくりとあたしの前を通り過ぎる・・ 

ん?3台目のチャリのガキンチョは、
三軒向こう隣のMさんとこの2番目のおにいちゃん・・・ 

するとMさんちのおにいちゃん、
顔にはあきらかな悲壮感が漂っており、
かなり違和感。 

そして、まさにあたしの前を
通りすがりながら蚊の鳴くような声で
「おばちゃん・・・たすけて!」とつぶやく 

・・は??たすけて??? 

・・え??なにから??? 

あたし、頭にクエスチョンマーク?? 

4台目のちゃり、悲壮、5台目も悲壮・・・ 
6台目が通り過ぎる時、一瞬にして
事態を呑み込んだあたし  
つづく



274: おさかなくわえた名無しさん 2012/06/26(火) 14:41:27.70 ID:Ml/rNaPl
つづき 

6台目のチャリをドカンと足で蹴って、行く手をさえぎる 
6台目のチャリガキ(以下6ガキ)「な、なんなん?」 

あたし「あんたらどこの子や?」 
6ガキ「・・・・」 

ふてぶてしい態度でだまりこむ 

あたし「あの子ら(1台目~5台目)の後つけてんのん?」 
7ガキ(にやにやしながら)「ちゃいますよ、おばさん。おれらあいつらの連れ!」 
6ガキ「(こちらもにやりとして)そうやん!おれら友達やん!なぁ!」と1~5に同意を求める 

あたし「そやのん。。そやけどあんたら二人は高校生やろ?この子ら(1~5)は小学生やねん。どう考えても、ともだちや無いと思うけど?」 

ちらりと1~5を見ると、全員ブルブルと顔を横に振っているww 

そうなのだ、1~5までは5年生のうちの息子と同級生、
もしくはMさんのおにいちゃん(6年生)の同級生。 
私服を着ていても、6ガキと7ガキはどう見ても小学生にはみえんww 

公園か、本屋か、ゲーセンかはしらないが
1~5の小学生集団に目をつけたバカ高校生が、
カツあげを狙って付回していたと思われたww 



276: おさかなくわえた名無しさん 2012/06/26(火) 14:43:03.64 ID:Ml/rNaPl
あたし「ほら、しらんってゆーてるわ」 

6ガキ「オバハンには関係ないやろが!」 
7ガキ「あーすんません。勘違いです。イコウゼ、ホラ」 

チャリを少しあたしから離して、逃げようとする高校生。 

6ガキの進路を再度ふさいで 

あたし「どこの高校かわかってるからな。この子らを見かけても、ちょっかいかけんな。もしやったら、学校に乗りこんだるからな。」 

6ガキ「はったりこくな!わかるわけないやろが!ババァ!」 

あたし「高校の駐輪許可シールなんか剥がしとけ、ボケ」 

6ガキのチャリにしっかり張ってあったバカ私立高校のシールを指差してやった。 
6ガキの顔は真っ赤になって、涙目ww 

あたし「うちの前の道を通ることはゆるさん、あっちから帰れ」と反対方向をしめすと、すごすごとチャリに乗って消えてった。 

1~5「おばちゃぁぁぁぁん!!!」 

その後しばらく、近所の小学生たちのヒーロになりますたww 



282: おさかなくわえた名無しさん 2012/06/26(火) 15:15:58.22 ID:O0vR3hE+
おばちゃんGJ!



289: おさかなくわえた名無しさん 2012/06/26(火) 21:03:45.34 ID:BvXH+U0u
おばちゃーん! 
GJ!



278: 蠍 ◆C8utSR9LI6 2012/06/26(火) 14:48:33.46 ID:B2uI7nil
>>276 
Mさんとこのお兄ちゃんよく助けを求められたな 
それだけでも勇気がいるだろうに 
おばちゃんgj でした!




胸がスーッとする武勇伝を聞かせて下さい!(107)
http://kohada.2ch.net/test/read.cgi/kankon/1328491443/