153: 名無しの心子知らず 2010/10/03(日) 20:07:22 ID:YAxg5gun
息子は運動発達が遅れていて、
療育に通っている。
1歳になってもハイハイどころか
寝返りも充分に出来なかった。


医師からは、この先普通に歩いたり
走ったりが出来る様になるかどうかは 
まだわからないと言われており、
不安な毎日を送っていた。 

そんな1歳の誕生日に義姉(夫の実姉)から
プレゼントされたのは「靴」だった。 

「まだ歩けないのに嫌味だったかな?」って言われた。 
どうしても素直に喜べない。



154: 名無しの心子知らず 2010/10/03(日) 20:41:28 ID:b1scQx+X
>>153 
殴っても許されるレベル。 
旦那に怒ってもらいな。 
もう会わないほうがいいよ。



155: 名無しの心子知らず 2010/10/03(日) 22:15:16 ID:p5I1VcBF
>>153 
どういうつもりなのか意味がわからない。 
この先あまり付き合いたくなくなるね。



156: 名無しの心子知らず 2010/10/03(日) 22:17:08 ID:j+G671XE
ホント、1歳なら服でも絵本でも他にもプレゼント選べそうなものも多いのに、 
あえて靴ってちょっとね。希望を持って、的な意味でもよけいなお世話ってカンジだよね。



165: 名無しの心子知らず 2010/10/04(月) 10:43:56 ID:cl64rmok
自分が指定した靴ならまだしも1歳の誕生プレゼントに靴なんて誰でもいやじゃない? 
通常発達だったとしても、ファーストシューズだろうしプレゼントなんて贈らないよ。 

旦那さんに〆てもらえ。切れていいよ。



171: 名無しの心子知らず 2010/10/04(月) 13:26:48 ID:q4WkhP1H
靴だけならモヤモヤ・・って感じだけど、そのセリフ嫌だわ。 
まだ歩けないの知っててあえて、だもんね。



174: 名無しの心子知らず 2010/10/04(月) 13:38:56 ID:7amn3rcZ
1歳の誕生日に靴を送る義姉ってべつに変じゃないと思うんだよね。 

でもわたしもそのセリフを聞いたら激怒する。 
悪いかな、と思うならすんなよ!と思う。 



175: 名無しの心子知らず 2010/10/04(月) 14:10:25 ID:hfaloFSf
義姉に悪意がないならそのセリフは出ないよね。 
支障がないなら関わらないよう避けたい人物だなぁ。 
歩けるように願いを込めて☆なら、そう言ったほうが自然だし 
出産祝で靴を贈られると丈夫な足に育つってジンクスも聞いたことがあるよ。 

発達(歩行)障害と靴つながりで。 
うちは骨の病気があって、何回か手術して3歳過ぎてやっと一人歩きが始まった。 
つたい歩きは1歳半に始めたけど常に四肢どこかしらギプスなので抱っこ紐かベビカだった。 
それでも靴好きで(私達親も子供本人も)履ける時は片方でも履かせてた。 

3歳の誕生日にトメにプレゼントを聞かれ靴をリクエストしたら
「歩けないのに」ってため息つかれて、トメセレクトの座って遊べる赤ちゃんの玩具になった。 

てかトメ息子(私旦那)も同じ病気で車椅子だけど靴好きだし履いてるし。
イミワカンネ 


子は3歳誕生日の1ヵ月後にいきなり歩きだした。 

タイミング的に見返しかと思うくらい。
ほんとGJと思った。 

歩くの楽しくてトメプレなんか見向きもしないw 

誕生日の頃前腕ギプスだったので、おまけでトメお手製のキャラ布の三角巾がついてきたが 
あまりにムカついたので破って捨てた。 

トメ的には「アテクシは病気の知識もある先輩、孫チャンの事も理解してる(はぁと」なんだろうが
新生児期から将来車椅子と決めつけられ、何の希望も持ってくれないのも悲しすぎる。



176: 名無しの心子知らず 2010/10/04(月) 14:20:02 ID:EM96bM3j
お子さんの未来に幸多かれ。



179: 名無しの心子知らず 2010/10/04(月) 16:12:08 ID:dVoFi0mb
>>175 
娘さんGJ! 
ケチつけるくらいなら、プレゼント何がいいか聞くなよって感じだね。



180: 名無しの心子知らず 2010/10/04(月) 16:23:23 ID:6VSBCmeE
うちも上の子の発達がすごい遅くて、
1歳前後からの1年間は心配と不安に 
押しつぶされそうな毎日だった。 

1歳の誕生日に、やっと背もたれさえあれば
座れるようになったばかりの状態。 

その誕生日、友人と伯母からもらったプレゼントが靴だった。 

友人は、私の悩みをよく知っていて、 
「ヨーロッパでは足の健康を願って、出産時や誕生日にレースで編んだ靴を贈る習慣がある。防寒程度のルームシューズだけど、まあ気が向いたら飾りにでも」と、裁縫なんて超苦手なはずの友人が編んでくれた、ものすごいみごとな細工の靴。 
ありがたくて涙が止まらなくて、ずっとお守りがわりにしてたよ。 

一方伯母は、「最初の一歩が肝心だから、どんどんこれ履かせて歩かせなさい。大丈夫、どんな子でも私は受け止めてあげるから!」と涙ながらに手を握ってきた。 

あのときの嫌悪感は今でも忘れられない。
多分一生忘れない。 

伯母には悪いけど、本当に子供や私のことを思って・・じゃないことが伝わってきたから。 
自分がいかに一生懸命これを選んだか、自分がどんなにこの靴を気に入って、自分がどんなに差別が嫌いか、自分がどんなに心配してるか・・。強烈な自分トークだった。 
そういう自分が大好きなのねってのが分かりすぎて吐き気がしたよ。 

「靴を贈ること」が即悪じゃないんだよね。 
デリケートな部分だからこそ贈り主の人間性が透けて見えやすくて、受け取る側の感情の分かれ道ができるんだと思う。



181: 名無しの心子知らず 2010/10/04(月) 16:26:27 ID:EM96bM3j
キカイダーの良心回路をプレゼントしたくなる伯母だな。




[カチン!]最近あった育児にまつわる嫌な事[ムッカー!]102
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/baby/1285077939/