85: 名無しさん@HOME 2012/08/09(木) 06:32:16.19 0
帝王切開した次の日に震災があった。

交通事故に遭って、予定日より2カ月早い出産だった。
私も子供も動けなくて怖かった。
私は出血多量で点滴と心電図計に繋がれてたし
子供は未熟児で保育器に入っていた。


付き添ってくれてた夫の姉に「お義姉さんだけでも逃げて!」って言ったけど、私の手を握って「自分の妹と姪を置いて逃げる姉なんていない」と怒られた。 

毒母も毒実姉もお見舞いに来なかったし、震災後も連絡が無かった。 

夕方、病院にリュックを背負った義父と義母が来てくれて 
水とか食べ物とか、懐中電池とか置いていってくれた。 

次の日、千葉に住む義兄がトラックで
大量の水やオムツや電池やカイロを病院に届けてくれた。 

一週間後にも、救援物資を持ってきてくれた。 
「妹と姪を宜しくお願いします」って何度も頭を下げて帰ったらしい。 
病院の人は、私の実家族だと思っていたらしく、嫁だと知って驚いていた。 

夫は事故で別の病院に入院中で、会えなかったし心配で心細くて怖くて 
私も夫と一緒に事故に遭って、腕を骨折してたし、子供は早産だったし 
原発は爆発するし、住んでいたアパートは全壊したと聞くしで頭がおかしくなりそうだった。 

退院後は千葉の義兄の家にお世話になってたけど、そこも余震が酷かった。 
でも義両親や義兄姉が細やかに気を使ってくれて、本当に有り難かった。 

不幸中の幸いって言うか、もし事故に遭わなければアパートで死んでいたと思う。 
すぐ側が海で、近くに高い建物も高台も無いから逃げ遅れていたと思う。 
私が運ばれた病院も、夫が運ばれた病院も海から離れた高い場所にあった。 

夫の会社はアパートのすぐ側の水産系の会社で、そこも全壊だった。 
事故の加害者さんは震災で亡くなってしまわれたけど、生きていらしたら 
むしろお礼が言いたい位だ。



86: 名無しさん@HOME 2012/08/09(木) 09:01:38.65 O
>>85 
乙です 
何か人生万事塞翁が馬ですね



87: 名無しさん@HOME 2012/08/09(木) 14:07:23.08 0
>>85 
やっぱり巡り合わせなのかな、そういうの… 
出産日近いね 
私は震災のその時、帝王切開の真っ最中でした。 
前の人が術中にトラブルがあって、開始時間が遅れてしまった。 
執刀医曰く、順番が逆だったら、繊細な手技を求められた前の人はやばかったと。 

85さんに比べたら、予定帝王切開だったし、大したことじゃなかったけど 
手術室前の旦那はパニックで、無事の知らせと赤ん坊を抱いた瞬間腰が抜け 
廊下にへたりこんで、オイオイ泣いてたそうだ。 
その後、自宅の片づけや、物資不足で苦労したけど、赤ん坊のためならと夫婦で頑張った。 
無事に誕生してくれた命、本当に感謝してる。



91: 名無しさん@HOME 2012/08/10(金) 07:44:55.85 0
>>85 
無事でよかった 
素敵な義実家に巡り合えたのもよかった 
なんだか、本当に人生って、トータルで考えるべきなんだと考えさせられました 




大震災にまつわる家庭のこと
http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/live/1327931659/