231: 名無しさん@おーぷん 2016/04/20(水)17:51:01 ID:???
ごめんなさい、長文だけど吐き出させて。
仕事が久々に休みでこんな時間まで寝てたら夢に見て思い出してしまった。
親がおかしいと自覚した時の話。

中2の真冬。
理科の授業で惑星の並びをやって、夕食時にその話をしていました。
私「水金地火木土天海冥なんだよ」
父「水金地火木土天冥海に決まってるだろ!」
と、いきなりキレた。


そもそもがうちの父親は何でキレるかわからない上に、1度キレたら最低5時間は説教が止まらない。

しかしこの頃はまだそれが異常だということに気付いてなかったのです。
だから、またかー。今日はまだ宿題終わってないから徹夜かなー。
とか、この時までは思っていたはず。

やれ授業をちゃんと聞けだ、やれ教科書に線を引けだからはじまり、過去の失敗やなんやかやを持ち出して、この日も父親は絶好調でキレまくっていました。



232: 231 2016/04/20(水)17:51:59 ID:???
父「教科書を持ってこい」

やばいな、と思ったのを覚えています。
中学は荒れていたので、1年間教科書を保たせるため、いかなる理由であろうとも教科書への書き込みは禁止。

破ったら反省文と昼休み奉仕活動(素手で草むしり)は確定。
当時優等生だった私なら、非行の前触れ扱いで親の呼び出しも考えられました。
呼び出されたら「なぜ言わなかったのか」と確実に説教。
でも今持ってこなければ説教の時間が延長。

すでに0時を回っていました(開始から4時間超)。延長戦したら、宿題ができない。
内申はキープしたかった。高校云々よりも、学期末の説教を短縮したかったからです。良くても悪くても、何かしら説教はある。これについては諦めていましたが、短いに越したことはありません。 

宿題することを選んで、教科書を持ってきました。
私は忘れていたのです。
そもそもの発端、惑星の並びを父が間違えていた事を。

父「なんだこれは」
そりゃね、教科書ですから。いくらゆとり教育って言ってもね、水金地火木土天海冥ですよ。しかし、父親はそれが許せなかった。

父「教科書が間違ってるじゃないか!何やってるんだお前は!」
教科書が間違っているとしたら少なくとも私のせいじゃないんだけど。
父「しっかり勉強しろ!誰が産んでやったと思ってるんだ!」
私「…ふっ」

意味不明過ぎて、説教で麻痺し過ぎて、思わず鼻で笑ってしまいました。息が漏れたって感じ。燃料を投下された父親は、酔ったの?ってくらい顔が真っ赤でした。

父「お前は!親を!何だと思ってるんだ!!!」
私「親」

中2病とかじゃないんですよ。眠かったんです。
当然かつてないほどキレた父親に、真冬の夜中に追い出されました。



233: 231 2016/04/20(水)17:52:26 ID:???
当時住んでいた田舎町は、知的障害者が多かった(と、後から知った)。
なかよし学級の子が各学年最低1人はいました。
当然大人にも同じくらいの割合でいます。変質者も多かった。

聞いた話では、戦中くらいまで閉鎖的なところで、行為で感染する病気?が流行ったり近親者で出産が普通だったりしたらしい。

うちは移住だったから、そういった事を知らなかったり、危ない地域を教えてもらえなかったりして大変だった。車移動する大人はまだしも、私と妹は、誰かに迎えに来てもらわないとなかなか遊びに行けませんでした。

で、そんなところに、シャツと短パンと靴下で放り出された中2女子は、色んな意味で震えましたよ。

玄関ドアが数分後に開いた時は希望に胸が膨らみましたが、顔を出したのは父。
父「親を親とも思わない奴は出ていけ!近くにいるな!」
親だとは思ってるって言ったじゃーん!とは思ったけど当然そんなこと言えるはずもなく、仕方ないからせめて風を凌げる所を探そうと歩き出しました。



234: 231 2016/04/20(水)17:52:59 ID:???
行く宛があるわけではないので、とりあえず1番民家が絶えないルートを使って中学へ向かいました。中学なら、忍び込めるルートを知っていましたから。

荒れてる学校だったので、家出の先輩諸氏が潜入ルートを見つけていたんです。
そして、いつ自分が使うともわからないということで、みんな知っていて教師には黙っていました。

今でものこってるのかなぁ、トイレの鉄格子がつけ外しできて、窓が外れるとか、駐輪場の側溝に潜って進むと家庭科室に入れるとか。

で、歩き始めてほんの数分。なんか違和感があるんですよ。
神経張り詰めてるとね、気付くんですね。
振り向いたら、1ブロック向こうから超有名な変質者(知的障害者)が見てるんです。
悲鳴も出なかったです。

どっちが先に走り出したかわかりません。でも、ピザなあちらと、足がもつれそうとはいえ若い私。そして、スタート地点から少し行った所に、犬を飼っている友達の家。

大きな白い雑種の、狼のような和犬で、よく遊ぶ私には懐いてくれているものの、友達家族以外には基本的に攻撃的な犬です。息ができないくらい走って、犬小屋の影に隠れました。

吠えながら犬が出てきて、私を見てキョトンとし、すぐに後から追ってくる巨漢に気付きました。
犬は吠えもせず、唸りもせず、でも巨漢を睨みつけます。

しばらく睨み合いが続いた後、巨漢が敷地に一歩足を踏み入れた瞬間、犬はその足首にパッと飛びつきました。
男は悲鳴をあげて逃げていきました。

私もそれを確認して、犬を撫でてから中学へ向かいます。
犬には後日、大好きなジャーキーをしこたまあげました。



235: 231 2016/04/20(水)17:54:07 ID:???
残りの道のりは奇跡的に何も無く、靴下の裏面全てをダメにしつつも中学にたどり着きました。
まずは寝床の確保をしようと体育館に潜入。トイレで汚れた足を洗って、スリッパを入手しました。が、再び外から校舎に潜入したときに失くしました。

校舎に潜入したら、自分の教室を目指します。予備の靴下と、その日使わなかった体操服が置いてあったので、靴下を履き、シャツの下に体操服を着込んで暖を取りました。

どうやって家に帰るか考えていると、足音が。
机の下に隠れていると、同じクラスのヤンキーが入ってきて、すぐに見つかりました。
ヤンキーですが、良いやつで、話を聞いて笑ってくれ、私は少し気が紛れました。

ヤ「そういや(私)んちのクルマどんなの?」
田舎は1人1台無いと生活ができません。
私「白い(ワゴン)と黒の(コンパクトカー)だけど」
ヤ「白いのは誰の?」
私「お母さん」
ヤ「ナンバーまでは見てねぇけど、その車ならさっきからこの辺りぐるぐるしてるぜ」

見に行こうとしたら、危ないからと、ヤンキーが代わりに見てきてくれることに。
15分ほどで戻ってきたヤンキーは、車を写メってきてくれていました。
当然ケータイの所持は厳禁でしたが、そこはもう言いません。

やはり母の車だったので、ヤンキーと一緒に校舎からでて、車が走ってくるのを待ちました。
5分もしないうちに母の車が見えて、目の前に停まった時にはすでにヤンキーは姿をくらましていました。

後で聞いたところによると、説明が面倒だから隠れて私が母に会えたところまで見守ってくれていたそうです。惚れるかと思いました。



236: 231 2016/04/20(水)17:54:33 ID:???
母が一緒に謝ってくれて、その日は何とか許されました。
反省して親に尽くすように、とか言われたような気がします。ぶっちゃけこの辺はもう記憶が曖昧です。

発端となった理科の教科書はマジックで、明らかに男字で書き直されていました。それを見ても教師が何も言ってこなかったのは優しさだったのか、はたまた面倒だったのか………。

その夜はなんだかんだで数時間彷徨っていたらしく、結局宿題をやり終わると同時に登校時刻になり徹夜。
あの後ヤンキーは補導されたとかで、お礼が言えたのは数日経ってからでした。

高校受験のとき、父の横槍で浪人したとき、自動車学校に通い始めたとき、実家を飛び出したとき、と、修羅場は他にもありますが、父の異常さを自覚していたから耐えられた。

いろいろ怖かったけど、なんとか出ていこうという思考になるきっかけになったから、あの夜は私の中の大きなターニングポイントだったんだと思います。



237: 231-236 2016/04/20(水)17:56:54 ID:???
家を出て2年。
昨年結婚もして、幸せだと思ってたけど思い出して、どこかに吐き出したくて書き込みました。実際に声に出すと泣いちゃって、主人にも話せなくて、でも吐き出したくて。

たくさん消費しちゃってごめんなさい。
失礼します。



238: 名無しさん@おーぷん 2016/04/20(水)19:01:28 ID:???
>>237

自分は面白く読んだよ(ごめんね面白いとか書いて)
まだ2年かー
これから旦那さんと末永く人生楽しんでください



239: 名無しさん@おーぷん 2016/04/20(水)19:24:27 ID:???
>>237
家から放り出された後の行動力や機転を見てて
逞しいなあと思った
「父の異常」とあるけど、お母さんは真っ当な方だったのかなあ

どうか御主人と末長くお幸せに



240: 237 2016/04/20(水)22:29:57 ID:???
>>238
>>239
ありがとうございます。
誰かに聞いて(読んで)もらえて、なんだか思い出にできそうな気がしてきました。

母は真っ当だと思っていましたが、今思えばあの父と私を引き離すこともしなかったし、何より離婚するする詐欺を続けているから、共依存?のようなものなんだと思います。
主人と頑張っていきます。ありがとうございます。



241: 名無しさん@おーぷん 2016/04/21(木)08:36:58 ID:???
1999年までは
水金地火木土天冥海だったよね。
惑星の軌道が交差してるから。
お父さんの中では最初に覚えたものが永遠にかわらないと思っていたのだろうか。



242: 名無しさん@おーぷん 2016/04/21(木)08:42:32 ID:???
それを逆に「間違って覚えている」と言いきってしまう怖さよ



243: 名無しさん@おーぷん 2016/04/21(木)09:45:06 ID:???
ドワーフプラネットなるものに格下げされた冥さんはもう要らない子?



244: 名無しさん@おーぷん 2016/04/21(木)11:36:55 ID:???
>>231
いまお前の糞父と依存母がいきてるなら、
全力で殴って、自分の地位の方が上だと知らしめろ。
助けてくれなかった母親に恐怖をわからせろ。
こういうことはあいまいなまま、一生を終えてはいけない。
あなたは今後、また他の人や自分の子供にその話をするかもしれないが、
聞かされる方は消化不良になるだけだ。
いまからでもいい、おもいきりなぐれ。



245: 231 2016/04/21(木)12:41:04 ID:???
これにて消えます。

冥海→海冥に変わり、後から冥王星が惑星カウントでなくなったことは知っています。
ただ、当時は知りませんでした(なにせゆとりだったもので…)。
当時の心境準拠ということでご容赦願います。

また、父とは家を飛び出して以来会っていません。
母も、入籍前の顔合わせに来てもらってからは直接会っておりません。
父と和解(つまり奴隷化)させようとしてくるので。

妹は学校の寮のような所に入っていますし、このまま姉妹揃って親の前から消える予定です。



☆★☆ カレンダーの裏@家庭板 ☆★☆
http://awabi.open2ch.net/test/read.cgi/live/1425262989/
--------------------------------------------------

248: 名無しさん@おーぷん 2016/09/19(月)12:13:29 ID:JhW
ついさっき、父親に嫌われていた理由がわかったことが心理的最大の修羅場。

以前どこかに、中2の頃惑星の並び順で父親と喧嘩して、真冬の夜中に放り出された、という書き込みをした者です。

どこに書き込みをしたのかどうしても思い出せないのですが、最近まとめで見つけ、コメントも出来る限り読ませて頂きました。
なんというか、ありがとうございます。
書き込みをした後、主人にも見せ、かなり心が軽くなりました。

家を出て以来、父とは完全に連絡を絶っているのですが、他の家族のもしもの時のために、母と妹には連絡先を伝えています。
ついさっき、母から電話があり、父が私を嫌っていた理由が判明したとのことでした。

実家では、両親、私と妹、そして父方の祖父母と同居していたのですが、この祖母と父は、かなり似ていました。

何で怒りだすかわからない、一度怒りだしたら止まらない。相手が幼子だろうが汚い言葉で罵倒する。

両親は自営の共働きでしたから、主に私、そして妹の面倒を見てくれたのは祖父母でした。
私は口達者な幼児だったそうで、度々祖母とは大喧嘩をしていたそうです。

妹が産まれてからは、妹を守ろうと回数も増えましたから、内容の記憶は無いですが、日常的に大声で怒鳴られていた記憶はあります。

私が3歳のある日も、私と祖母は大喧嘩をして、私は祖母を論破してしまったそうなのです。

祖母が私に熱いお茶をぶっかけ、私の悲鳴で駆けつけた母が手当をしてくれている間、祖母は父相手にこう言ったそうです。「(私)はとんでもない子供で、嘘ばかりつく詐欺師で、性根のねじ曲がった奴だ」と。

私は知らなかったのですが、その頃祖母のやらかした、お皿を割ったとか、布団を暖めるためにドライヤーを突っ込んで小火になりかけたとかいう失敗は全て、私のせいにされていたそうです。

当然、「◯◯をやったのか?」「どうしてやったのか?」と訊かれた私は「知らない」と答えます。
それを全て、私の嘘だと祖母は父に訴えていたそうです。

父は、3歳の私にそんな知恵があるだろうかと半信半疑だったそうですが、この日祖母を論破したことで、「(私)は思っていた以上に知恵が回る。祖母を攻撃する。ならばやはり、祖母の言うとおりの性根のねじ曲がった子供なのだ」と信じたと。

それ以来、私は父に嫌われ、説教される度に『性根のねじ曲がった(私)』というセリフを聞かされることになったという訳らしいのです。

確かに、お決まりのセリフとして『性根の~』があることは認識していましたが、それがまさか、3歳の私を詰った祖母の言葉から来ていたとは……

しかし納得もいきます。
母や私が、「どこを指して『性根の~』なのか?」「私の『性根の~』部分を教えてくれないと、(私)も直せない」と何度訊いても教えてもらえなかったのは、祖母の言葉を信じているだけで、自分の感覚では無かったからなのでしょう。

父は、祖母の言うことを何でも信じましたし、何でも祖母を最優先でした。
祖母は体が強い方ではなかったですから、そのせいだとばかり思っていたのですが、要は、とんだマザコンだったわけですね。

自分のこれまでの人生が、まさかそんな一言で。
父のマザコンが次々思い出されて気持ち悪い。
……という今の心境が、修羅場です。
補足が無いように書いたら、かなり長くなってしまいました。申し訳ありません。




今までにあった最大の修羅場を語るスレ8
http://kohada.open2ch.net/test/read.cgi/kankon/1470819103/