709: 名無しさん@おーぷん 2017/06/09(金)22:28:47 ID:FtJ
二十代の頃、不倫していて堕胎したこと。

不倫相手と初めて関係をもったのは、後で知ったのだけど、
彼の奥さんが2人目を妊娠発覚したタイミングだった。

まだ不倫が持てはやされていた時代で、
私も全く罪悪感を持っていなかった。


「嫁がつわりでご飯作ってくれないし、行為もさせてくれない」
ということで毎晩私の部屋に来るようになり、
毎晩好き嫌いの多い彼の食事を作っていた。
後で考えたら、一回たりとも食費をくれなかった。

一時代前の地方のことで、
女は男につくすのが当たり前な風潮があったせいもあると思う。

関係は数年続いた。
その間に幼い子供を2人連れた彼の奥さんを見かけたことがあったけど、
ノーメイク、髪はぼさぼさで身なりにかまわず子供の世話に追われる様子を見て、
「ああ、これじゃ旦那にも逃げられるわ」
と内心バカにしていた。

それがたった一回の避妊の失敗で、見事に妊娠してしまった。
当時は妊娠検査薬なんかなかったけど、スーパーの食料品売り場で
全ての食品の匂いが攻撃的に襲ってきた感覚で、あ、妊娠したな、と気づいた。

立場上絶対産んじゃいけないことは頭ではわかっていても、
体に宿った命はこんなにも大切に感じるものかと驚き、葛藤した。

あの独特の感覚は妊娠してみて初めて気づくと同時に、
自分が彼の奥さんに対してどんなに酷いことをしたかをやっと悟った。

堕胎後、即彼とは別れましたが、
処理ができなくなった彼は風通いに走ったようです。

奥さんは彼と私の関係を知っていたでしょうが、
知らんふりをされていました。

彼とは同じ職場だったので、仕事も辞めました。

そのあとお付き合いしたり、結婚したりした男性には、
一切しゃべってません。




奥様が墓場まで持っていく黒い過去 Part.4
http://ikura.open2ch.net/test/read.cgi/ms/1467843196/