喜屋武豊かっこいいぜ!

喜屋武豊について更新していくブログです。

喜屋武豊を検索すると、いつもアイドル並にかっこいいキャンさまの画像が見れるのですが、だんだん奥へと踏み込んでいくと、すっぴんのキャンさまの画像がみれるじゃないですか☆

でもね、これが意外と地味なんだわ(笑)

やっぱ、メイクしてるときとすっぴんじゃ、あそこまで変わるものなんだね☆

すっぴんのキャン様は、全然アイドル並じゃありませんでした☆

気になる人は、キャンさまを検索してみると良いよ☆ 

人気ヴィジュアル系エアバンド『ゴールデンボンバー』のギター担当で俳優・喜矢武豊(27)らが19日、東京・渋谷公会堂で映画『死ガ二人ヲワカツマデ…』(監督:松村清秀/配給:日活)の『第一章 色ノナイ青』『第二章 南瓜花-nananka-』プレミアイベントに出演した。

 『第一章』を喜矢武が主演。生きることに何の執着もない殺し屋・メイファ(喜矢武)と、悲しい過去から殺し屋を志望する少女・海(野水伊織)は、ある日、出会い惹かれあっていく。しかし、メイファと殺しあう宿命を背負った男・黒騎や兎黒(葵)たちが現れることとなり…。俳優、声優などさまざまジャンルの役者が集結した本格ハードアクション作品。もう一方の『第二章』では俳優・豊永利行(28)と、人気アイドルグループ『AKB48』の“れいにゃん”藤江れいな(18、チームK)が異色のコラボ見せる本格サスペンス作品となっている。

 イベント前に野水、豊永、喜矢武とともに『ゴールデンボンバー』の樽美酒研二(31)、歌広場淳(26)、鬼龍院翔(28)で囲み会見を開かれた。喜矢武が『ゴルゴ13』のようなメイクと衣装で登場し報道陣をあ然とさせつつ、「役になりきりました。映画もこんな感じだった。2月に撮影したから記憶があいまいで、こんな感じだったかなって」と、適当なトークが展開することに。

“金爆”喜矢武豊 初主演映画に「なんでやったのかな…」!メンバーは全員観れず

 喜矢武は「いろんな人に観てもらって幸せというか、この日のために生きていたのかな」と、詩的な感じを演出するのかと思いきや、その後に、「人生において必要のない仕事だったかなと。なんでやったのかなって。映画にかんしても興味がない」と、いつものキャラ通りの発言で、報道陣を爆笑させることも。

 苦労した点については、喜矢武が、「人を殺すことに葛藤がありました。撮影ながらも人を殺していいのかなと。肉体的より精神的に葛藤がありました」と、本当なのか嘘なのか分からないコメントも。その発言に乗っかるかのごとく、映画の主題歌を歌うゴールデンボンバーボーカル鬼龍院が、「映画を見て作ってほしいと言われたんでしたけど断りまして、『トラウマキャバ嬢』という曲を使ってもらいました。ノリノリで曲なんでよろしくお願いします」と言い出すも、MCから「曲は『泣かないで』です」と、冷静なツッコミが入るなど言いたい放題のものに。

“金爆”喜矢武豊 初主演映画に「なんでやったのかな…」!メンバーは全員観れず

MCから楽屋の綿密な打ち合わせをバラされ「言わないで~!」

 なお、喜矢武が映画の主演に決まった時のことについては、鬼龍院が「がっかりしたね」といえば、樽美酒は「この仕事受けちゃうんだね」、歌広場も「裏切られた気持ちでいっぱいでした」と、テンポよく口をそろえたものの、3人とも作品が仕上がりが直前だったため観ていないとのことで、喜矢武も「結局は金ですよね」と、あけすけに明かしていた。

 本日は、2000人収容できる同所で、『第一章』と『第二章』で2回のイベントが開かれ計4000人が詰めかけることに。イベントは18日にも開かれたが両日ともチケットは即完売で、両日で約6000人がイベントに参加することとなり大活況の様相を呈する。上映後に第一章メンバーが現れると、場内は騒然で、とくに喜矢武が登壇した際には「喜矢武様!」の黄色い声が場内に響き渡ることとなった。

4人組ビジュアル系エアーバンド・ゴールデンボンバーの喜矢武豊が、人気シリーズ最新作『ワイルド・スピード EURO MISSION』(7月6日公開)とコラボすることが決まったそうです☆
その役どころは、日本版CMのアフレコみたいだったそうです☆
 けどキャンさまは、
ツイッターでハリウッド進出とはしゃいでたのに、まさかこんなオチとは」と嘆き、「ツイッターでファンの方から『二足のわらじで行けるほど世の中甘くない』って言われたけど、金爆捨てても出て行きたい!」とまだまだハリウッドデビューに執着していたみたいですよ☆

この話題はアイドル界でも広まったみたいですよ☆ 

このページのトップヘ