2015年06月07日

ブログを引っ越すことにします


引越し先はアメーバブログにします。
あそこは知っている人や尊敬してる人もいっぱい使っているので。
ちょっと試しに数ヶ月使ってみましたが、使い心地もよさそうなので、
そちらにします。
楠乃小玉のブログ
http://ameblo.jp/akasidemuu

です。
みなさん、こちらへ移動してください。
今後はこちらで書きます。


ninzya5 at 01:30|PermalinkComments(3)TrackBack(0)

line 情報収集

友達に
line 情報収集
で検索してみろといわれて、実際検索してみた。
愕然とした。
この会社は、個人情報を勝手に収集している。
無料アプリだからどうやって利益だしてるかと思ったら、そういう仕組みだった。
他の何だっけ?アメリカのなんとかいうアプリも個人情報収集してるし、
そういう無料アプリってマジで怖いと思った。
それはいいんだけど、
皆さんもう忘れたかもいれないけど、俺は、霧島神宮を崇敬していて、この前の
講員の総会に行ったとき、宿屋に泊まって寝ていたら神の声が聞こえたんだ。
「盗泉の水は飲まず」って。それで、俺は神様を信じているから、
「盗泉の水は飲まず」という神の啓示を実践することにした。
それでだね、調べてみると、俺が今使ってるライブドアのブログ、実はこれが
ラインの会社が経営してるんだって。
俺は、ライブドアのブログは使いやすくてすごく好きだったので、すごいショックだ。
あと、ラインで情報収集しているということは、俺がライブドアブログで下書きにしている
内容とか、修正した記録とか、全部外部に漏れている可能性がある。
下書きだけならいいんだけど、メールアドレス、ログインパス、クレジットカードの
暗証番号までとられたら怖い。


人の情報を勝手に盗むような会社のブログにはこれ以上かけない。
悲しいけどブログを引越しすることにしました。
とても残念です。
ですから、ブログ引っ越します。
前から日常雑事を不定期に書いてたブログがあるから
そっちに引越しすることにします。


ninzya5 at 01:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

自転車のお誕生日

もう10年くらいたったのかな。
たしかこの時期に俺のアメリカ製のごっつい自転車を買ったんだ。
よくも10年も俺に仕えてくれたと感謝する。


ninzya5 at 00:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)サイクリング 

はいてはいけない!!!

普通に街中に行った靴は服装で絶対に畑に行ってはいけない。
人も入れるべきではない。
畑に行くときは、必ず、専用の靴、専用の服を着て作業すること。
その格好で絶対に街中に出ない。
服と靴は思いのほか、街中で雑草の種を拾ってくる。おどろくほど。
たった一つぶ拾ってきただけで、その草がたちが悪い奴だと、大繁殖する。
だから、たとえ面倒でも農作業するときは、専用の服、専用の靴を用意すること。その
靴と服は街中を歩いた服と靴とは距離をおき、隔離しなければならない。
これは、心得ごとだ。

ninzya5 at 00:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)農業 

2015年06月06日

技術革新で世界最強となる日本

三橋貴明先生の
技術革新で世界最強となる日本
がお家にとどきました。
藤井聡先生の
大阪都構想が日本を破壊する
はずいぶん前に注文したのですが、まだ家にとどいておりません(汗
藤井先生、どうが出版社様にお願いして、アマゾンにもご本を回していただけるよう
お願いいたします(笑

技術革新で世界最強となる日本
は非常に面白かったですね。
特に面白かった部分は技術以外の部分ですね。
実際に開発したものの輸出に関することや、技術開発に必要な思想や
方向性など思想哲学にまで踏み込んだ記述がされていて感心しました。
技術開発をするためには、トライ&エラーが必須であり、エラーによって得られた
膨大なデータこそ、技術開発を成功させるための大切な要素なんですね。
ですから、技術開発に投資してもし、失敗してもそれは無駄ではないわけです。
ある場所を掘るなら徹底的にその場所には何も無いという事が確信できるまで
掘らなければならないのです。中途半端な資金投下で、「もしかしたらまだそこに何かあるかもしれない」
という余地を残してはならないのです。
そして、そこに何も無かったという事実が、次の開発における非常に貴重な手がかりになるのですね。
これは理科系の人間にとっては基礎中の基礎の常識的発想ですが、
そういう理科系の学術研究をしたことのない人たちにとっては、
絶対に技術開発に成功しなければ「失敗」であるという思い込みがあるようです。
しかし、むしろ、偶然に1回で成功してしまったほうが、実際はその技術構築の基礎には
脆弱性の疑義が残るわけです。
何ども失敗して、徹底的にリスクヘッジのためのデータ収集ができたほうが、その技術を
強化することに役立つのですね。
つまり、失敗こそ貴重な技術の根本基礎を構築するための礎になるわけです。
そういう事実関係を掌握しないで、テレビやラジオのコメンテーターが
「失敗したから全部無駄だった」とアジテーションを繰り返す「無駄論」は非常に危険だと思いますね。
そういう点でも、このご本は素晴らしい本でした。
また、この本に書いてあるよう、世界のIT業界の元締め的存在となっているアップルやインテルが
技術開発よりも自社株買いや投資家への配当金に収益を回して技術開発への投下資金を
縮小している事実は注目に値します。この事実は、将来、日本の企業が
着実に技術開発に投資を続け、新しい技術を開発すれば、それらの分野で日本が主導権を
握る可能性もあるということです。
また、そのためには、近隣諸国に対して野放図に自社開発技術を垂れ流しつづけてきた、
日本の経営者の大きな過ちもこの本の中で指摘しています。
それら、経営者の哲学の部分から総合的に変えていかないと技術立国としての日本の存立は
維持できないでしょう。
あらためて、良い本だと思いました。

あと、以前は農業保護こそ日本の国家基盤であり、日本は今、国家存亡の危機にあると
三橋貴明先生は以前ラジオで訴えられていましたが、今回の著書ではその事が
片鱗も書かれていなかったように思います。
現状、その危機よりも、日本の技能者を大切にすることが優先なのかなあ、うーん。
どうなんだろ。
もし、そうなら、このブログの方向性も抜本的に変えていかないといけないと思いました。


ninzya5 at 00:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

フィクションの重要性、ワンパンマン5巻の教え

自分のことをすごいと思っている人は、
フィクションで未来を想定して仮定の話をすると
「はいはい、また物語ね、ステマ乙」とか言う。
集英社からでている、ものすげー面白い漫画、ワンパンマンってのがある。
その5巻に出てくる人、まさにあのとおり。
「あいつら、必死こいて怪人と戦って倒したけどさ、じつは怪人がものすごく弱かっただけじゃね、ニタニタ」
的ななにか。

なんというか、実はフィクションってものすごく大事なのだ。
フィクションを通じて未来を想定し、そして、疑似体験をつうじてリスクヘッジを行う。
そのためには物語が必要で、フィクションは政治戦略において非常に重要なのだと
いままでも何ども力説してきた。
田舎の純朴な若者や農民はそれを素直に聞いてくれ、感心もしてくれ、心が
暖かくなるが、自分が東京で生まれたってだけで、自分は選ばれた人だと
思っている自称最先端君は、聞く耳をもたない。

でも、そんな自分をスーパーエリートだと思っていて、田舎の、高卒の農家を嘲笑して
「あんなヤツラ、日本の国の足手まといだから死んだほうがいいじゃん」とか言ってる
連中も、実はアメリカのスーパーエリートが作った物語に洗脳されて、妄想の中を生きていて
現実が見えていないんだけどね。
外国人の大金融資本家だけが利益を得られる物語を信じて、「俺ってスゲー」「あいつら馬鹿」
と見下している。自分のほうが洗脳されて踊らされてるのに、大都会に住んでるだけで
特権だと思っている。
実は、大都会東京って、高級住宅街に住んでいる一握りの大金持ちは、社会的に成功して東京に住んでいる
んだけど、大多数の東京にいる人たちって、農家の厳しい労働がイヤで都会に逃げてきた
流民が大多数なんだよね。それこそ、成功者は1%だから、自分が都会に住んでいて
豪邸に住んでいない人が田舎の農家馬鹿にしても、実際は、田舎で血を吐きながら現実と戦い、
日本の食糧安保のために戦っている農家の皆さんこそ、ヒーローなんだよ。

俺自身は大阪大攻防戦と重ね合わせて、あの漫画読んで何度も感慨深い気持ちになる。
俺の心の支えだ。

ninzya5 at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)農業 | 農協

必見!大坂の陣

http://www.nicovideo.jp/watch/sm26142593


大阪のガチ対決です。

ninzya5 at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年06月05日

橋下徹の嘘の検証

1.
東京都特別区の仕組み自体が戦時中につくられた中央集権を強化するための地方自治を停止するために
作られた仕組み。
東京都特別区で働く職員の中にも東京と特別区を市にしてほしいとの要望は多い。
大阪市が解体されれば市は権限と財源を府にすいあげられる。
しかも、区割りにも問題があり、湾岸区などは優位な財源がなく、特別区として切り分けられた場合、
たちまち財政逼迫に追いやられる。また大地震が発生すれば湾岸地域全体が津波による大きな打撃を受ける可能性があり、
湾岸区だけでその対処をするのは不可能であり、大量の死ななくてもいい人たちが行政対応の遅れから死に至る可能性がある。

2.
であるにも関わらず、橋下市長および都構想推進派が嘘を吹聴しつづけた。
当初、橋下市長は二重行政の解消で4千億の経費削減になると発言した。
しかし、その4千億という数値は都議会において否定され、
最終的に橋下氏は「自分の都構想の目的の主眼は財政効果においていない」と名言し、
経済効果を否定する発言をしている。
4千億の経費削減になるという事実はないと市長自身も認めた。
にもかかわらず、
テレビコマーシャルで「大阪の二重行政をなくし豊かな大阪をつくる」という嘘のスローガンを連呼しつづけた。

3.
これらの事実は動画や議事録にも残っている事実であり、うごかしがたい事実である。
議事録をしらべれば、それが本当であると分かる。

4.
http://www.mitsuhashitakaaki.net/2015/01/27/fijii/
大阪都構想:知っていてほしい7つの事実

藤井聡氏が発表した都構想7つの事実という検証内容に対して、
橋下氏はこれを検証することなく、デマだ、嘘だといい続け、
藤井氏を「小チンピラ」であると罵倒し、テレビ局に藤井聡をテレビに出さないよう、
圧力をかけた。

5.
テレビ局は、この言論弾圧の事実を数週間発表しなかった。
テレビ局は権力者である橋下徹の恫喝を恐れて隠蔽した。
これは、自由主義社会の報道と言論の自由に対する危機である。


ソース
防災対策と大阪都構想騒動の事後検証。5時46分からの15分コーナー「おはよう大発見」







ninzya5 at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年06月04日

Dの一族

日本人のルーツは南方系みたいだ。
それが、最近の遺伝子研究で明らかになったと報道している。


動画が削除されてしまったみたいなので、
動画で報道されていたことの概略を書いて説明します。
人間の遺伝子情報のY染色体の解析によると、人間には
AからTまでの種類に分類され、Aに近いほうがより古い種類の染色体です。
AからEまでは世界最古の染色体であり、その多くはアフリカ大陸に分布しています。
徳島大学大学院佐藤陽一準教授が2千人の日本人から採取したDNAを解析した結果、
日本人の染色体にはD群に属する染色体が非常に多く、これは他のアジア諸国では
ほとんど見られない傾向です。
唯一、その染色体が見受けられたのはチベットとインド洋アンダマン諸島の一部です。
これは、従来、アジア大陸に広く居住していたD染色体の一族が、新しい染色体をもった
一族の侵略をうけて駆逐され、唯一、チベットや日本など地理的に隔絶した地域のみで
生き残ったことを意味しています。
日本人にもっとも多い遺伝子はO2bであり長江流域です。

(これは、春秋戦国時代の中原の人たちが秦帝国の侵略から逃れるため
日本に逃げてきたものと推測されます。)←これは私の推論。テレビでは言ってなかった。

それについで多いのがD遺伝子です。
よって、日本人のうち、弥生系とされるのが、O2b、縄文系とされるのがD遺伝子だと考えられます。
これは、現在のアジア諸国の民族の遺伝子とはチベット以外ではほとんど重複しておらず、
テレビで出されていたグラフによると、グラフ左上が中国、中央が韓国、その隣が沖縄、
ついで大和民族、アイヌという関係で
右上の端にいくほど中国民族、左上の端にいくほどアイヌ民族という類型結果がでていました。



ninzya5 at 00:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

米国パブリックシチズン・ローリーワラックからの連帯メッセージ



ninzya5 at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索